有価証券の期末の評価の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では有価証券の期末の評価の仕訳について解説します。

有価証券の期末の評価

有価証券を保有している場合、有価証券は購入時に取得価額で記帳されています。売買目的有価証券の場合は帳簿価額を取得価額から決算時の時価に評価替えしなければなりません

ちなみに、貸借対照表の価額を決めることを「評価」といいます。次のような勘定科目を使って仕訳を切ります。

  • 時価>帳簿価額…儲けが出る…有価証券評価益(収益
  • 時価<帳簿価額…損失が出る…有価証券評価損(費用

有価証券の評価替えを行う目的

なぜ有価証券の評価替えを行うのでしょうか。有価証券の評価替えの目的は企業の正しい経営成績を明らかにするためです。正確な期間損益の算定のため、収益と費用を対応させるためともいえます。減価償却の目的貸倒引当金を設定する目的と同じです。

有価証券の帳簿価額と時価との差額は収益にしろ費用にしろ、当期のものです。評価替えを行わなければ、この有価証券を売却したときの会計期間に全ての損益が計上されます。それでは正しい期間損益が算定できないのです。

正確な期間損益の算定のためには決算での評価替えが欠かせないのです。

有価証券の期末の評価の仕訳

株式の時価が下がった

「決算を迎え、株式100株(帳簿価額1株8,000円)を保有している。決算日の1株の時価は7,000円である」場合の決算整理(修正)仕訳について考えてみます。

まずは、株式の帳簿価額の総額と時価の総額を求めます。

  • 帳簿価額:100×8,000=800,000円
  • 時価:100×7,000=700,000円

このようになります。帳簿価額を時価に修正するので、800,000円を700,000円に修正するということになります。(800,000-700,000=)100,000円分帳簿価額が減少したということになります。というわけで、「(貸)売買目的有価証券100,000」となります。

また、この100,000円は有価証券の時価が下がったことによる損失です。よって「(借)有価証券評価損100,000」となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
有価証券評価損 100,000 売買目的有価証券 100,000

株式の時価が上がった

「決算を迎え、株式100株(帳簿価額1株8,000円)を保有している。決算日の1株の時価は9,000円である」ときの仕訳について考えてみます。

まずは、株式の帳簿価額の総額と時価の総額を求めます。

  • 帳簿価額:100×8,000=800,000円
  • 時価:100×9,000=900,000円

このようになります。帳簿価額を時価に修正するので、800,000円を900,000円に修正するということになります。(900,000-800,000=)100,000円分帳簿価額が増加したということになります。というわけで、「(借)売買目的有価証券100,000」となります。

また、この100,000円は有価証券の時価が上がったことによる収益です。よって「(貸)有価証券評価益100,000」となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売買目的有価証券 100,000 有価証券評価益 100,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ