未収金の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では未収金の取引と仕訳について解説します。

未収金

商品を売った代金を後で受け取る場合は売掛金勘定で処理しました。商品以外のものを売った代金を後で受け取る場合は未収金勘定で処理します

売掛金勘定と未収金勘定の違いは商品を売ったか商品以外のものを売ったかの違いです。次の2つの形で覚えておけば売掛金勘定と同じように処理すればいいということになります。

  • 商品の代金の未収:売掛金
  • 商品以外の代金の未収:未収金

未収金勘定は代金を請求する権利を意味するので、資産の勘定になります。

未収金の取引と仕訳

土地の売却

「帳簿価額100,000円の土地を130,000円で売却し、代金は後日受け取ることとした」ときの仕訳について考えてみましょう。

帳簿価額とは、文字通り帳簿に載っている価額です。帳簿価額100,000円の土地を売却したので、土地はなくなります。資産の減少なので、貸方に記入します。『(貸)土地100,000』となります。

また、130,000円で売却しているので受け取るべき金額は130,000円になります。この130,000円は後日受け取ります。また、土地が商品であるとは読み取れないので、これは商品ではないと判断します

商品以外の代金の未収であるため、未収金勘定で処理します。資産の増加なので借方に記入します。『(借)未収金130,000』となります。

このままでは借方と貸方の金額が合いません。この差30,000円は収益になります。帳簿価額100,000円のものを130,000円で売ったので、この差である30,000円は収益です。

この収益は土地を売って得た利益なので固定資産売却益勘定で処理します。収益の増加は貸方に記入なので、『(貸)固定資産売却益30,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未収金 130,000 土地
固定資産売却益
100,000
30,000

未収金の回収

「上記の未収金を現金で受け取った」場合の仕訳を考えてみます。

現金130,000円を受け取っているので『(借)現金130,000』となります。また、現金を受け取った時点で代金を請求する権利である未収金は消滅します。よって『(貸)未収金130,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 130,000 未収金 130,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ