簿記論

簿記論の勉強をしたい人
簿記論の勉強をしたい人

簿記をしっかりと理解して簿記論に合格したいな。簿記論の勉強ができるサイトがあったらいいな。

こんな希望を叶えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。簿記論も今でも高得点を獲得する実力を維持しています。こういった私が解説していきます。

この記事は簿記論の内容の一部です。全てではありませんので、ご注意ください。

手形

手形の不渡り

過去に裏書したり割引きしたりした手形は、裏書された企業や割引いた金融機関が支払人から取り立てます。そして手形の満期がきたら支払人の当座預金口座から支払いを受け、手形の取立てが完了します。

しかし、支払人の当座預金残高が不足している場合があります。支払人の当座預金残高が不足している場合、支払いが拒絶され、手形が戻ってきます。そして裏書された企業や割り引いた金融機関が償還請求してきます。

償還請求を受けたら、その不渡手形を買い戻します。そして偶発債務がなくなるので、偶発債務を消去します。そして、法律で定められた手続きによって、手形の振出人または裏書人に請求します。

この場合、手形額面に満期日から支払日までの法定利息や拒絶証書作成費用など、不渡りになったことでかかった費用を不渡手形勘定に含めて請求できます。

簿記2級では直接控除法のみを勉強しましたが、簿記論では対照勘定法と評価勘定法も勉強します。詳しくは次の記事で解説しています。
裏書譲渡した手形や割引手形の不渡りの仕訳

裏書譲渡

簿記3級で学習したように、受け取った手形を取引先に譲渡することを裏書譲渡といいます。通常は裏書した手形の支払人がこの手形を決済するのですが、万が一支払人が支払えなくなった場合、手形を裏書譲渡した当社が支払人に代わって手形代金を支払わなければなりません。

このように、ひょっとすると支払わなければならなくなる債務を偶発債務といいます。手形の偶発債務の仕訳については簿記2級では特に勉強しませんでしたが、簿記論では対照勘定法と評価勘定法を勉強します。詳しくは次の記事で解説しています。
裏書手形の偶発債務の仕訳

割引

簿記3級で学習したように、受け取った手形を銀行に持ち込んで割り引いてもらうことを手形の割引といいます。通常は割引した手形の支払人がこの手形を決済するのですが、万が一支払人が支払えなくなった場合、手形を割り引いた当社が支払人に代わって手形代金を支払わなければなりません。

このように、ひょっとすると支払わなければならなくなる債務を偶発債務といいます。手形の偶発債務の仕訳については簿記2級では特に勉強しませんでしたが、簿記論では対照勘定法と評価勘定法を勉強します。詳しくは次の記事で解説しています。
割引手形の偶発債務の仕訳

ちょっと休憩

手形の記帳方法には簿記3級で学習した方法である直接控除法のほかに簿記論で学習する評価勘定法と対照勘定法があります。直接控除法と評価勘定法と対照勘定法にはそれぞれ特徴がありますが、圧倒的に実務で使われているのは直接控除法です。

直接控除法と評価勘定法と対照勘定法については次の記事で詳しく解説しています。
【手形】評価勘定法と対照勘定法

決算(個人事業主)

注意

この段落での記事は全て個人事業主を対象にしたものです。現在、日商簿記では全ての級で株式会社を対象としているので、個人事業主を対象とした内容は簿記論で初めて勉強することになります。

引出金

資本金勘定は、出資した金額のことです。なので、商店店主から出資を受ければ資本金は増加します。

逆に、資本金が減少することもあります。個人商店などではお店のお金で商店店主の個人的な私物を買うことなどがありますが、商店店主が私物を会社のお金で買った場合、これは会社の費用にはなりません。資産にもなりません。

このような場合は、商店店主が出資したお金を返してもらって、そのお金で私物を買ったと考えます。これは出資の逆なので、資本金を減少させます。

資本金という勘定は、本来は出資した金額を表します。しかし、お店のお金で商店店主の私物を買ったときに資本金を減少させると、資本金勘定が出資した金額を表さなくなります。

このような事態を防ぐために、私用目的でのお店の資産の持ち出しは引出金勘定を使うことがあります。

引出金については次の記事で詳しく解説しています。
引出金

資本金勘定への振替

決算を迎えると、決算手続が行われます。決算手続で損益勘定が作られ、収益勘定の残高は全て損益勘定の貸方に、費用勘定の残高は全て損益勘定の借方に集計されます。

この集計の結果、貸方残高になった場合、その額は当期純利益、借方残高になった場合、その額は当期純損失を表します。

当期純利益の金額は資本金勘定の貸方へ、当期純損失の金額は資本金勘定の借方に振り替えます。当期純利益の資本金勘定への振替の仕訳については次の記事で詳しく解説しています。
当期純利益の資本金勘定への振替の仕訳

英米式決算法

決算振替仕訳は、決算整理(修正)仕訳が終わったあと、当期純利益(純損失)を計算するために行います。具体的には「全ての収益勘定残高を損益勘定へ振替える」「全ての費用勘定残高を損益勘定へ振替える」「損益勘定の差額を資本金勘定へ振替える」という手順で行います。

個人事業主の決算振替仕訳については次の記事で詳しく解説しています。
決算振替仕訳

決算(株式会社)

減価償却

解答上のコツ

減価償却の問題で、直接法とも間接法とも書いてない場合があります。この場合はまず本当に指示がないのか問題文をもう一度確認し、それでもなければ間接法で解くことになります。次の記事で詳しく解説しています。
減価償却で直接法・間接法の指示がない場合の問題の解き方

貸倒引当金

受取手形に貸倒引当金を設定する場合、正確に受取手形の金額を読み取る必要があります。手形の裏書譲渡や手形の割引を行っていない場合は受取手形の金額をそのまま使えばいいのですが、手形の裏書譲渡や手形の割引を行っている場合は注意が必要です。

裏書譲渡したり割引をしたりした手形が決算日にまだ決済されていない場合、貸倒引当金を設定する必要があるからです。特に評価勘定法や対照勘定法の場合は受取手形の金額が何を意味しているのか複雑なので注意が必要です。。

裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定については次の記事で詳しく解説しています。
裏書手形・割引手形がある場合の貸倒引当金の設定

大陸式決算法

英米式決算法では、仕訳を切らずに資産、負債、資本の総勘定元帳を締切ります。それに対して大陸式決算法では仕訳を切ってから資産、負債、資本の総勘定元帳にその仕訳を転記して総勘定元帳を締め切ります。大陸式決算法については次の記事で詳しく解説しています。
大陸式決算法

ちょっと休憩

決算振替仕訳は英米式と大陸式の2つがあります。英米式では、仕訳を切らずに資産、負債、資本の総勘定元帳を締切ります。大陸式では仕訳を切ってから資産、負債、資本の総勘定元帳にその仕訳を転記して総勘定元帳を締め切ります。英米式と大陸式の違いについては次の記事で詳しく解説しています。
英米式と大陸式の違い【決算振替仕訳】

特殊仕訳帳

取引を帳簿に記帳する体系(帳簿組織といいます)には、単一仕訳帳制と複数仕訳帳制があります。これは文字通り、仕訳帳が1つの帳簿組織が単一仕訳帳制、仕訳帳が複数ある帳簿組織が複数仕訳帳制です。

単一仕訳帳制は手間がかかるというデメリットがあります。そこで、この手間を減らすために考え出されたのが複数仕訳帳制です。複数仕訳帳制では補助記入帳を仕訳帳として利用します。

仕訳帳の役割を持つ補助記入帳を「特殊仕訳帳」といい、これまで仕訳帳と呼んでいたものを「普通仕訳帳」と言いかえることで区別します。特殊仕訳帳については次の記事で詳しく解説しています。
特殊仕訳帳

証ひょうと伝票

5伝票制は、3伝票制で使われた入金伝票・出金伝票・振替伝票に加えて、仕入伝票と売上伝票を使います。仕入伝票と売上伝票が二重で起票されないように仕入勘定と売上勘定の相手は掛取引として起票します。

日々の取引の中で最も多いのは現金取引ですが、次に多いのは仕入と売上です。仕入と売上が商売の基本なので取引の回数が多くなります。仕入と売上の取引も別の伝票を使用することでさらに集計の手間を軽減しようとしたのが5伝票制だと言えます。

5伝票制については次の記事で詳しく解説しています。
5伝票制

タイトルとURLをコピーしました