財政状態が悪化した企業の貸借対照表の特徴

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。財政状態が悪化した企業の貸借対照表には特徴があります。この記事では財政状態が悪化した企業の貸借対照表の特徴についてお伝えします。

財政状態が悪化した企業の貸借対照表の特徴

財政状態が悪化した企業の貸借対照表には次のような特徴が出てきます。

  • 利益剰余金がマイナス(前期と比べて減っている)
  • 流動資産よりも流動負債が多い

利益剰余金がマイナス

利益剰余金とは、「これまで会社が稼いできた利益のうち、企業の内部に蓄えている金額」です。利益剰余金がマイナスということは、これまで会社が行ってきた経営活動の結果、利益が全く蓄えられていないどころか会社の資金が減っているということになります。

通常、会社に想定外の出費が発生した場合、この「利益剰余金」をあてることになります。この利益剰余金がマイナスということは、もし会社に想定外の出費が発生した場合、捻出する資金がないということになります。

なので新たに出資をお願いするか資金を借り入れるかといった対策が必要になります。

財政状態が悪い会社が出資や借り入れを行うのは非常に難しいです。誰だってそんな会社に出資したりお金を貸したりしたくないからです。

なので、利益剰余金がマイナスということは、想定外の出費に耐えられないということを意味します。これは非常に大きな問題です。

また、たとえ現時点ではマイナスではなくても、前年度と比較して利益剰余金が減っている場合、こういった問題の初期症状とも言えるので要注意です。

流動資産よりも流動負債が多い

流動資産よりも流動負債が多いという状況は「利益剰余金がマイナス」よりも深刻です。

流動資産とは「1年以内に現金になる資産」です。流動負債とは「1年以内に返済しなければならない負債」です。

ということは「流動資産よりも流動負債が多い」ということは「1年以内に現金になる資産で1年以内に返済すべき負債を支払うことができない」ということを意味します。

なので、増資したり借り入れをしたりといった、何らかの対策を行わないと資金繰りがショートしてしまいます。

「利益剰余金がマイナス」という状況が「想定外の出費に対応できない」という意味だったのに対して、「流動資産よりも流動負債が多い」という状況は「資金繰りがショートするのが想定されている」ということを意味します。

このように考えると「流動資産よりも流動負債が多い」という状況が非常に深刻な状況だと言えます。

株式投資を行う場合、このような財政状態になっている企業に投資するには細心の注意を払う必要があります。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ