貸借対照表~企業の財政状態を表す表~

簿記3級
貸借対照表について知りたい人
貸借対照表について知りたい人

貸借対照表は企業の財政状態を表すって勉強したけど、一体どんな表なのかな。そもそも財政状態って何なんだろう。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

貸借対照表は資産・負債・資本をまとめた表

簿記の最終目的の一つは「企業の財政状態を明らかにすること」でした。そして、財政状態に関するものが「資産 ・負債 ・資本」でした。

財政状態とは、「資金をどうやって調達し、その資金をどのように運用しているのか」です。資金の調達方法を負債と資本が表し、資金の運用状況を資産が表しています。

ということは、企業の財政状態は「資産・負債・資本」をまとめることで明らかにできるということです。「資産・負債・資本」をまとめたものが貸借対照表となります。

左側が資産、右側が負債と資本

貸借対照表は、左側に資産の勘定科目と金額、右側に負債と資本の勘定科目と金額を記入します。「資産=負債+資本」という式が成り立つため、左側の金額の合計と右側の金額の合計は一致します。

簿記では左側のことを「借方」、右側のことを「貸方」といいます。「借」や「貸」という言葉に「借りる」「貸す」という意味はありません。単純に左側が借方、右側が貸方だと覚えてください。

貸借対照表をイメージで表すと次の図のようになります。

貸借対照表(イメージ)

「資産=負債+資本」が成り立つため、左側の高さ(金額合計)と右側の高さ(金額合計)は同じになります。

貸借対照表を具体的に表すと次の図のようになります。

貸借対照表(表)

実際の貸借対照表には、このように具体的な数字が入っています。

本当はもっと複雑ですが、理解を優先させるため省略しています。

今の段階では細かいことは気にしなくて構いません。イメージだけつかめれば十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました