仕掛品の取引と仕訳

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では仕掛品の取引と仕訳について解説します。仕掛品はこれまでも時々登場してきましたが、ここで一度まとめておきます。

仕掛品

仕掛品は製品を製造するために消費した全ての原価を集計する勘定科目です。直接材料費・直接労務費・直接経費・製造間接費の全てが仕掛品勘定に集計されます

仕掛品というのはまだ完成していない製品です。よく日常的な言葉で作業をしはじめることを「しかかる」と言いますが、その仕掛かるです。

仕掛品の取引と仕訳

仕掛品の取引と仕訳についてお伝えします。これまで出てきた仕掛品の勘定の流れをもういちどおさらいしてつなげておきましょう。

材料の消費

「材料を直接材料として150,000円分、間接材料として100,000円分消費した」場合の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
150,000
100,000
材料250,000

詳しくは材料の取引と仕訳をご覧ください。

労働力の消費

「労務費の内訳は直接労務費300,000円、間接労務費150,000円であった」場合の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
300,000
150,000
労務費450,000

詳しくは労務費の取引と仕訳をご覧ください。

経費の消費

「労務費の内訳は直接経費400,000円、間接経費200,000円であった」場合の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
400,000
200,000
経費600,000

詳しくは経費の取引と仕訳をご覧ください。

製造間接費の配賦

「今月分の実際製造間接費450,000円を各製品に配賦した」場合の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品450,000製造間接費450,000

詳しくは製造間接費の取引と仕訳をご覧ください。

ここで、「材料費・労務費・経費」→(製造間接費)→「仕掛品」と原価が積み重なりながら集計されてきているイメージをつかんでおいてください。このイメージが工業簿記では重要です。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

コメント

  1. 工業簿記初心者 より:

    仕掛品の赤字の説明が「直接材料費」ではなく
    「直接労務費」が重複して記載されてます^_^

タイトルとURLをコピーしました