製品の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では製品の取引と仕訳について解説します。

製品

製品とは完成した仕掛品のことです。完成した仕掛品は製品勘定に振り替えられます。製品は資産の勘定科目です。

製品の取引と仕訳

仕掛品が完成した

「仕掛品800,000円分が完成した」場合の仕訳について考えてみましょう。

仕掛品800,000円分が完成したので、仕掛品勘定を振り替えます。よって『(貸)仕掛品800,000』となります。

次は借方です。完成した仕掛品は製品勘定で表すので、『(借)製品800,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
製品 800,000 仕掛品 800,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“製品の取引と仕訳” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    備品になっております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ