材料の取引と仕訳

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では材料の取引と仕訳について解説します。

材料

材料勘定は文字通り材料を表します。直接材料費、間接材料費を問わず、どちらも材料です

材料勘定は資産の勘定になります。材料を手に入れたときには借方に、材料を消費したときには貸方に記入します。

材料の取引と仕訳

材料の購入

「材料200,000円分を仕入れ、代金は掛とした」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料を仕入れることで材料が増加しています。よって、『(借)材料200,000』となります。

また、掛で仕入れています。材料は商品ではありませんが、営業活動に関するものに変わりはありません。営業活動に関する掛取引は未払金勘定ではなく買掛金勘定を使います。よって、『(貸)買掛金200,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
材料200,000買掛金200,000

材料の消費

「材料を直接材料として150,000円分、間接材料として100,000円分消費した」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料を消費しているので、材料が減少しています。減少分は(150,000円+100,000円=)250,000円分です。よって、『(貸)材料250,000』となります。

問題は借方です。直接材料として150,000円分を消費しています。直接材料ということは、どの製品に対していくら消費したのかを直接集計できるということです

この段階では製品が完成しているとは考えられません。よって、使用する勘定科目は「仕掛品」勘定になります。『(借)仕掛品150,000』となります。

また、間接材料として100,000円分を消費しています。間接材料ということは、どの製品に対していくら消費したのかを直接集計できないということになります。直接集計できないのに直接材料と同じく仕掛品勘定を使うわけにはいきません。

そこで「製造間接費」勘定を使います。『(借)製造間接費100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
150,000
100,000
材料250,000

ちなみに、この仕訳は材料勘定を仕掛品勘定と製造間接費勘定に振替えたと見ることもできます。工業簿記はこのような「振替える」仕訳が非常に多いです。勘定科目を振替えるイメージをつかんでいきましょう。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

コメント

タイトルとURLをコピーしました