一部振替取引

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。実は3伝票制でお伝えした内容だけを考えた場合、起票できないケースがあります。現金取引と振替取引が混ざっているケースです。この記事では現金取引と振替取引が混ざった取引である一部振替取引について解説します。

一部振替取引

現金取引と振替取引が混ざった取引を一部振替取引といいます。次のような取引のことです。

借方 金額 貸方 金額
現金
売掛金
100,000
200,000
売上 300,000

このような取引はどのように起票すべきでしょうか。この取引をそのまま伝票に記入すると、全く同じ取引が入金伝票と振替伝票に記入されることになってしまいます。一つの取引なのに2つの仕訳を切ることになってしまうので、不正確な仕訳になってしまうのです。

そこで、このような事態を避けるために特別な処理をします。処理方法には次の2つがあります。

  • 一部振替取引を単純な取引に分解する方法
  • 一部振替取引を掛取引とみなす方法

一部振替取引を単純な取引に分解する方法

先ほどの仕訳である次の仕訳を例に考えてみましょう。

借方 金額 貸方 金額
現金
売掛金
100,000
200,000
売上 300,000

単純な取引に分解する方法は、上記の仕訳を次の2つの仕訳に分解して起票します。

借方 金額 貸方 金額
1 現金 100,000 売上 100,000
2 売掛金 200,000 売上 200,000

1の仕訳は入金伝票を、2の仕訳は振替伝票を起票します。こうすることで二重に仕訳を切ってしまう事態を避けることができます。

一部振替取引を掛取引とみなす方法

この方法は取引の擬制ともいわれます。では再び先ほどの仕訳である次の仕訳を例に考えてみましょう。

借方 金額 貸方 金額
現金
売掛金
100,000
200,000
売上 300,000

一部振替取引を掛取引とみなす方法というのは、「300,000円を売上げ、100,000円を現金で受け取り、残額200,000円を掛けとした」という本来の取引を「300,000円を全額掛けで売り上げ、直後に100,000円を現金で回収した」とみなすのです。

実際には売り上げた瞬間に現金で100,000円受け取っているのですが、その瞬間のほんの何秒かを売掛金であったとみなします。すると、上記の仕訳は次の2つの仕訳に分解できます。

借方 金額 貸方 金額
1 売掛金 300,000 売上 300,000
2 現金 100,000 売掛金 100,000

1の仕訳は掛による売上の仕訳で、2の仕訳は掛代金を現金で回収した仕訳です。1の仕訳は振替伝票を、2の仕訳は入金伝票を起票します。こうすることで二重に仕訳を切ってしまう事態を避けることができます。

一部振替取引に関する2つの処理方法はどちらでも仕訳を切れるようにしておくことが重要です。また、どちらの方法をとっても、仕訳をまとめればもとの仕訳と同じになるということも確認しておいてください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“一部振替取引” への2件のフィードバック

  1. ma-kun☆ より:

    日商簿記2級では試算表の集計がメインなので「一部振替取引」を意識していなかったので確認できるいい機会になりました。

    全商簿記2級で出題されているのが「一部振替取引を掛取引とみなす方法」なのだなと今になって理解できたので感謝です!!

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      「一部振替取引を掛取引とみなす方法」は取引の実態を少し曲げた仕訳なので分かりにくいですよね。

      疑問点の解決のお役に立てて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ