5伝票制

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では5伝票制について解説します(現在5伝票制は日商簿記検定の試験範囲からは外れています。参考程度にご覧ください)。

5伝票制

5伝票制は、3伝票制で使われた入金伝票・出金伝票・振替伝票に加えて、仕入伝票と売上伝票を使います。仕入伝票と売上伝票が二重で起票されないように仕入勘定と売上勘定の相手は掛取引として起票します

日々の取引の中で最も多いのは現金取引ですが、次に多いのは仕入と売上です。仕入と売上が商売の基本なので取引の回数が多くなります。仕入と売上の取引も別の伝票を使用することでさらに集計の手間を軽減しようとしたのが5伝票制だと言えます。

しかし、集計の手間が軽減される代わりに二重に起票してしまう取引のパターンが増えるため、必ずしも楽になるとはいえないという面もあります。

仕入伝票

次のような仕訳の場合には、仕入伝票にそのまま起票して問題ありません。

借方 金額 貸方 金額
仕入 200,000 買掛金 200,000

しかし、次のような仕訳の場合には問題が発生します。

借方 金額 貸方 金額
仕入 200,000 現金 200,000

この仕訳をそのまま起票すると、出金伝票と仕入伝票に同じ仕訳を起票することになってしまいます。これでは二重に仕訳を切ることになってしまうので、一部振替取引のところでお伝えした掛取引とみなす方法を利用して、次の2つの仕訳に分解して起票します。

借方 金額 貸方 金額
1 仕入 200,000 買掛金 200,000
2 買掛金 200,000 現金 200,000

いったん全額を掛で仕入れ、その直後に現金で支払ったとみなして起票するのです。1は仕入伝票に、2は出金伝票に起票します。

ちなみに、仕入返品や仕入値引のように仕入が減少する取引については赤字で記入します(検定試験では黒で構いません)。

売上伝票

売上伝票についても同様です。次のような仕訳の場合には、売上伝票にそのまま起票して問題ありません。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 200,000 売上 200,000

しかし、次のような仕訳の場合には問題が発生します。

借方 金額 貸方 金額
現金 200,000 売上 200,000

この仕訳をそのまま起票すると、入金伝票と売上伝票に同じ仕訳を起票することになってしまいます。これでは二重に仕訳を切ることになってしまうので、一部振替取引のところでお伝えした掛取引とみなす方法を利用して、次の2つの仕訳に分解して起票します。

借方 金額 貸方 金額
1 売掛金 200,000 売上 200,000
2 現金 200,000 売掛金 200,000

いったん全額を掛で売上げ、その直後に現金で受け取ったとみなして起票するのです。1は売上伝票に、2は入金伝票に起票します。

ちなみに、仕入返品や仕入値引のように仕入が減少する取引については赤字で記入します(検定試験では黒で構いません)。

仕入伝票と売上伝票について

仕入伝票を切るときには相手勘定には買掛金、売上伝票を切るときには相手勘定には売掛金を使うのが原則です。そのため仕入伝票・売上伝票には相手勘定科目さえ書かないことがあります(あらかじめ売掛金・買掛金と記入されている伝票もあります)。

そのため、仕入伝票・売上伝票には「No・日付・取引相手・金額」しか書かないことが多いです。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“5伝票制” への2件のフィードバック

  1. みんと より:

    ■伝票会計

    伝票会計や帳簿組織論点は実際に実務で伝票を切ったりの経験がないと中々呑み込めませんね。

    必ず試験に出る論点で理解すれば高得点に繋がります。
    3伝票制、5伝票制を採用する意味とメリット
    そして二重仕訳回避のための仕訳
    3級でしっかり起票から転記までの流れを覚えておかないと上の級に行って大変な苦労をします。
    そして、中小企業では、会計ソフトではなく伝票起票から帳簿付けをやっている会社も多いです。

    実務未経験でもしもテキストで勉強していて、あやふやな覚え方しかできないようだったら100円ショップに行くと入出金伝票や振替伝票、売上伝票などが売っています。
    買ってきて実際に金額を記入しながらテキストと睨めっこするのもいいかもしれませんね。

    わjかりやすい説明をいつもありがとうございます!

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      みんとさんがおっしゃるように「実際にやってみる」というのは本当に勉強になると思います。

      実際にやってみることが難しいものもありますが、伝票を起票するのは比較的楽にできそうです。
      私も実際にやってみることをお勧めします。

      ちなみに、私は今でも実際に会計ソフトを使って帳簿をつけていますし、有価証券の売買や外貨建取引なども実際に行っています。
      このような経験が簿記の理解にもつながっているのかなぁと感じています。

      実際に経験するというのは本当に理解を助けます。「百聞は一見にしかず」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ