取引の擬制と取引の結合

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

通常は仕訳は取引を正確に表すように行います。ですが、様々な理由によって取引を少々変形させて仕訳を行ったり(取引の擬制)2つの取引を1つの仕訳にまとめたり(取引の結合)することがあります。この記事では取引の擬制と取引の結合について解説します。

取引の擬制

取引の擬制には大きく分けて「形式的な理由による擬制」と「解釈的な理由による擬制」の2つがあります。

取引の擬制(形式的な理由)

例えば、「500,000円の商品を仕入れ、そのうち200,000円は小切手を振り出して支払い、残額は掛とした」という取引があった場合、そのまま仕訳を切れば次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕入 500,000 買掛金
当座預金
300,000
200,000

簿記検定でもこれが正解です。ですが、実務では次のようにすることが多いです。

借方 金額 貸方 金額
仕入
買掛金
500,000
200,000
買掛金
当座預金
500,000
200,000

理由は「会計ソフトが1行ごとに仕訳を切るように作られているから」です。

会計ソフト全てというわけではありませんが「借方と貸方に異なる金額を記入する」というミスをなくすため、借方の金額欄と貸方の金額欄には同じ金額しか入力できないように設定されています(借方に金額を入力すると自動的に貸方にも同じ金額が入力されます。)。

なので、擬制前の仕訳は入力できないのです。

このような設定で仕訳を入力するために取引の擬制が行われます(昔は伝票に記入するために取引の擬制が行われましたが、今ではやや時代遅れの感があります。)。

取引の擬制(解釈的な理由)

例えば、「帳簿価額100,000円の土地を従業員に1,000,000円(時価:2,000,000円)で売却した」という取引があった場合、そのまま仕訳を切れば次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 1,000,000 土地
固定資産売却益
100,000
900,000

「帳簿価額100,000円の土地を売却して1,000,000円受け取った」という点から、この仕訳は取引を正確に表しているといえます。しかし、この取引の本質を考えてみるとどうでしょうか。

時価が2,000,000円の土地を1,000,000円で従業員に売却しているので、この売却は本質的には「贈与」にあたります。なのでこのような会計処理は認められません。

認められた会計処理は次のとおりです。

借方 金額 貸方 金額
現金
寄付金
1,000,000
1,000,000
土地
固定資産売却益
100,000
1,900,000

ちなみに贈与ではなく現物給与と考えることもあります。その場合は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金
給料
1,000,000
1,000,000
土地
固定資産売却益
100,000
1,900,000

このような取引の擬制が解釈的な理由による取引の擬制です。

仕訳をする前に「取引の内容」や「その内容を正しく示すためにはどのように仕訳したらいいか」をよく考えることで簿記の理解につながります

取引の結合

取引の結合とは「2つ以上の取引を1つの取引として記録すること」です。取引の結合は「記帳の手間を減らすため」に行われます。

例えば、小口現金について定額資金前渡制度を採用していて報告と補給がほぼ同時に行われる場合、本来であれば次のような仕訳になります。

現金の使用の報告を受ける

借方 金額 貸方 金額
交通費
雑費
×××
×××
小口現金 ×××

小切手による補給

借方 金額 貸方 金額
小口現金 ××× 当座預金 ×××

これが手順なのですが「現金の使用の報告を受ける」から「小切手による補給」までの時間が短い場合、2つに分けるまでもない取引だと言えます。そこで、次のような仕訳にまとめます。

借方 金額 貸方 金額
交通費
雑費
×××
×××
当座預金 ×××

このように「小口現金→当座預金」とするのではなく、いきなり当座預金とすることがあるのです。この仕訳を見ると通信費を小切手で支払ったように見えるかもしれませんが、そうではないという点がポイントです。

取引の擬制でも同じことが言えますが、仕訳をする前に「取引の内容」や「その内容を正しく示すためにはどのように仕訳したらいいか」をよく考えることで簿記の理解につながります

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“取引の擬制と取引の結合” への4件のフィードバック

  1. かじ みねこ より:

    とても解りやすかったです。質問があります教えてくださいませ。一部振替取引けで出金伝票または、入金伝票にもとづいて振替伝票の記入をしなさい。という問題で、1;商品436000を仕入、代金のうち270000を現金で支払、残額を掛けとした。出金伝票 仕入270000 振替伝票借方科目仕入166000 貸方科目買掛金166000 これが1の回答 2;商品384000を売上、代金のうち190000を現金で受け取り、残高を掛けとした。入金伝票 売掛金190000 振替伝票 借方科目 売掛金 384000 貸方科目 売上348000になるそうですが、問題を見て1と2を同じように考えてしまいます。取引の擬制で考えるとき、
    違いがわからないのですが、判断の仕方ありませんか?試験を受けるので教えてください。宜しくお願い致します。

    • dokuboki より:

      ご質問ありがとうございます。

      このタイプの問題の場合、出金伝票または入金伝票の内容から判断します。

      例えば1.の場合、もし出金伝票が次のようになっていたら取引の擬制だと判断します。

      (借)仕入 436,000/(貸)現金 436,000(出金伝票なので貸方は本当はありません)

      つまり、全体の仕訳と入金伝票または出金伝票の仕訳との関係から判断することになります。

  2. ゆか より:

    仕入(借方)600000 買掛金(貸方)60000
    となったときの擬制法はどうなるのでしょうか?

    • dokuboki より:

      ゆかさん、コメントありがとうございます。

      ゆかさんがおっしゃる仕訳は借方と貸方の金額が異なるので、仕訳として誤っているということになります。

      また、もし記入ミスで、本当は金額が一致していたというのであれば仕訳は正しいですが、その場合の仕訳は擬制することはありません。どのような場合であっても、そのまま記帳することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ