総勘定元帳の書き方と転記のやり方

スポンサーリンク
  • 簿記の勉強を始めたら総勘定元帳が出てきたんだけど……
  • 総勘定元帳へ転記する必要性が分からない
  • 総勘定元帳への転記のコツを教えて!

簿記の勉強を始めると、総勘定元帳が出てきます。仕訳帳から総勘定元帳へ転記するのですが、この転記の要領がつかめなくて悩んでいる方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。この経験から、総勘定元帳への転記についても熟知しています。

この記事では仕訳帳から総勘定元帳へ転記するコツについて解説します。総勘定元帳に転記するときに貸借逆の勘定科目(相手勘定科目)を書く理由も解説します。

この記事を読めば総勘定元帳に転記するコツが分かるので、安心して総勘定元帳やT字勘定を書くことができるようになります。

結論を言うと、総勘定元帳への転記は各勘定科目の残高を把握するために行います。総勘定元帳に転記するときに貸借逆の勘定科目(相手勘定科目)を書くのは、取引の内容を推測しやすくするためです。

スポンサーリンク

総勘定元帳の転記のやり方

帳簿を作成していくときは仕訳を切った後、総勘定元帳に転記します。次の流れがワンセットだということです。

  1. 仕訳を仕訳帳に記入する
  2. 仕訳を総勘定元帳に転記する

1.仕訳を仕訳帳に記入する

仕訳帳には全ての取引を日付順に仕訳します。

2.仕訳を総勘定元帳に転記する

仕訳はただ取引を日付順に記録しているだけのものです。

そのため、仕訳だけでは「現金がいくら増えたのか」や「借金がいくら増えたのか」などの取引自体の金額は分かっても「現金がいくらになったのか」「借入金がいくらになったのか」などの現在の金額が分かりません。

現在の金額を分かりやすくするために総勘定元帳へ転記します。

総勘定元帳には全ての取引が勘定科目ごとに記録されます。現金は現金だけを記入する場所に、借入金は借入金だけを記入する場所に…といった感じで全ての勘定科目を記録します。

総勘定元帳を見ると、現金なら現金の、借入金なら借入金の日付順の出入りを知ることができます。

また、貸借対照表損益計算書も、総勘定元帳の記入を元に作成します。

スポンサーリンク

総勘定元帳への転記の具体例

例題

4月1日に商品10,000円を売上げ、代金は現金で受け取った。

この例題について考えてみます。仕訳帳に書く仕訳は次のようになります。

4/1(借)現金 10,000/(貸)売上 10,000

この仕訳を総勘定元帳に転記した場合、総勘定元帳は次のようになります。

総勘定元帳
  • 「借方・現金・10,000」→現金勘定の借方に10,000と転記、相手勘定科目である「売上」と日付も記入
  • 「貸方・売上・10,000」→売上勘定の貸方に10,000と転記、相手勘定科目である「現金」と日付も記入

このようになります。もちろん仕訳の数だけ転記を行うため、総勘定元帳はもっと縦に長くなります。

この総勘定元帳は正式な総勘定元帳への記入ではありません。しかし、現時点ではこの記入方法が分かっていれば十分です。

スポンサーリンク

総勘定元帳に転記するときに貸借逆の勘定科目を書く理由

T字勘定への記入で相手方の勘定科目(貸借逆の勘定科目)を記入する理由は「T字勘定を見ただけで取引の内容が推測できるようにするため」です。

たとえば、借入金1,000,000円を現金で返済した場合、仕訳は「(借)借入金1,000,000/(貸)現金1,000,000」となります。

T字勘定への記入は「現金勘定の貸方に借入金と1,000,000」「借入金勘定の借方に現金と1,000,000」となります。

このように記入しておくことで、現金のT字勘定から「1,000,000が減少した」「減少の理由が借入金の返済」だと分かります。

また、借入金のT字勘定から「1,000,000が減少した」「減少の理由が現金による返済」だと分かります。

相手勘定科目を書いていないと、金額の動きは分かっても理由が分かりません。理由までT字勘定から分かるようにするために相手勘定科目を記入します。

スポンサーリンク

【まとめ】総勘定元帳の書き方と転記のやり方

帳簿を作成するときは「仕訳→総勘定元帳」でワンセットです。総勘定元帳への転記は各勘定科目の残高を把握するために行います。

総勘定元帳には、取引の内容を推測しやすくするために相手勘定科目も記入します。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました