固定資産の購入時の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では固定資産の購入時の取引と仕訳について解説します。

固定資産とは…

企業が営業のために1年を超えて使う建物や備品、車両運搬具、土地などを固定資産といいます。1年を超えてというところがポイントです。1年以内に使い切ってしまうものは消耗品となります。

ちなみに、備品と消耗品は金額で分けることが多いですが、税法の問題になってくるので簿記においては気にする必要はありません。簿記検定では、問題文に備品とあれば備品で処理し、消耗品とあれば消耗品で処理すれば全く問題ありません。

固定資産の取得原価

固定資産を取得した場合、取得原価は購入代金に付随費用を足した金額になります。取得原価=購入代金+付随費用ということです。

有価証券仕入諸掛の場合と考え方は同じです。固定資産の付随費用とは、その固定資産を取得してから使えるようにするまでにかかった費用と考えてもらって構いません。

以下、具体的に固定資産を見ていきましょう。

建物

営業用の店舗や事務所、倉庫などが当てはまります。付随費用としては、不動産取得税や仲介手数料などがあります。

備品

営業用の机、イス、パソコンなどが当てはまります。付随費用としては、送料や据付費などがあります。

車両運搬具

営業車やトラックなどが当てはまります。付随費用としては自動車取得税などがあります。

土地

駐車場などが当てはまります。もちろん建物を土地つきで持っている場合も当てはまります。付随費用としては不動産取得税や仲介手数料などがあります。

固定資産の購入時の取引と仕訳

建物の購入

『営業用の建物を購入し、代金6,000,000円、不動産取得税50,000円、仲介手数料60,000円、登記料90,000円を小切手を振り出して支払った』場合の仕訳を考えてみましょう。

全て足したら6,200,000円です。これを全て小切手を振り出して支払っているので、『(貸)当座預金6,200,000』となります。

問題は借方です。取得原価に何が含まれるのかがポイントです。

建物代金は当然として、不動産取得税も仲介手数料も登記料も全て取得原価に含めます。不動産取得税も仲介手数料も登記料も全て、この建物を使えるようにするために必要な費用です。

固定資産を取得してから使えるようにするまでにかかった費用が付随費用と考えると分かりやすいと思います。

建物は資産なので、資産の増加は借方に記入します。というわけで『(借)建物6,200,000』です。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
建物 6,200,000 当座預金 6,200,000

備品の購入

『パソコン400,000円を購入し、運送費および据付費40,000円とともに月末に支払うことにした』場合の仕訳を考えてみましょう。

運送費はパソコンを使えるようにするための費用と考えられるので付随費用です。取得原価に含めます。パソコンは備品です。備品は資産なので、資産の増加は借方に記入します。というわけで『(借)備品440,000』となります。

月末に支払うことにしたので、未払金で処理します。未払金は負債です。負債の増加は貸方なので『(貸)未払金440,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
備品 440,000 未払金 440,000

うっかり貸方を買掛金で処理しないようにしなければいけません。このパソコンは商品として仕入れているわけではないので買掛金では間違いとなります。

商品かどうかはどこにも書いていませんが、何も条件がなければ使用する目的で購入したと考えます。パソコンを商品として仕入れる業種は限られています。

何も条件が書かれていないのに特殊な業種を想定することはないと考えてください。売り物である商品を据え付けることはないので商品ではないと読み取ることもできます。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ