消耗品の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では消耗品の仕訳について解説します。

消耗品

業務で使うボールペンや帳簿などの文房具などは消耗品勘定で処理します。備品勘定と似ているのですが、検定試験では金額が小さいもの、1年以内に使い切るものは消耗品、金額が大きいもの、1年以上使うものは備品として処理します。

実務では備品と消耗品との違いは税法で細かく定められていますが、簿記検定ではどちらを使うかは分かるようになっているため気にする必要はありません。

消耗品の処理にはいくつかの方法があります。

消耗品の流れ

消耗品は次のように処理するのが原則です。

  • 購入時…資産
  • 消費時…費用

消耗品は買った時にはまだ資産です。使った時に資産から費用になるのです。使った時に資産から費用になるのが原則なのですが、使うたびに仕訳を切るのは現実的に無理です。そこで、簡便な方法も認められています。

消耗品の仕訳

原則的方法

原則的方法では、消耗品の流れに従って忠実に仕訳をします。

  • 購入時…資産として処理
  • 使用時…使用するたびに資産から費用に振替
  • 決算時…仕訳なし

消耗品購入時

「消耗品2,000円を購入し、代金は現金で支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。

消耗品を購入しているので『(借)消耗品2,000』となります。現金で支払っているので『(貸)現金2,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
消耗品(資産) 2,000 現金 2,000

消耗品使用時

「消耗品1,200円分を消費した」場合の仕訳を考えてみましょう。

消耗品1,200円分を使っているので、この消耗品はなくなります。よって『(貸)消耗品1,200』となります。

次は借方です。借方は「消耗品費」という勘定科目を使います。消耗品費は費用の勘定です。使った分だけ費用に振り替えるので、『(借)消耗品費1,200』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
消耗品費(費用) 1,200 消耗品(資産) 1,200

決算時

「消耗品の決算時の未消費額は800円であった」場合の仕訳について考えてみましょう。

もうすでに使った1,200円分については仕訳が切られています。きちんと当期に使った分が費用として計上されているので、決算整理仕訳は不要です。3つ仕訳を並べると次のようになります。

  • 購入時:(借)消耗品 2,000/(貸)現金 2,000
  • 使用時:(借)消耗品費1,200/(貸)消耗品1,200
  • 決算時:仕訳なし

これが取引に最も近い仕訳になります。しかし、消耗品というものは常に使われているため、使用のたびに仕訳を切ることは現実的に不可能です。そこで、次の簡便な方法が使われます。

簡便的方法(購入時に資産として計上)

簡便的方法(購入時に資産として計上)では、購入時は原則的方法と変わりません。しかし、使用時には特に処理をせず、決算時にまとめて使用した分を費用に振り替えます。次のようになります。

  • 購入時…資産として処理
  • 使用時…仕訳なし
  • 決算時…使用した分をまとめて資産から費用に振替

消耗品購入時

「消耗品2,000円を購入し、代金は現金で支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。

消耗品を購入しているので『(借)消耗品2,000』となります。現金で支払っているので『(貸)現金2,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
消耗品(資産) 2,000 現金 2,000

ここまでは原則的方法と同じです。

消耗品使用時

「消耗品1,200円分を消費した」場合の仕訳を考えてみましょう。

消耗品1,200円分を使っているので、この消耗品はなくなります。しかし、使用のたびに仕訳を切るのは現実的に不可能なので、使用時には特に仕訳は切らないでおきます。

決算時

「消耗品の決算時の未消費額は800円であった」場合の仕訳について考えてみましょう。

消耗品の未消費額が800円だったということは消費額は(2,000-800=)1,200円です。この金額を資産から費用に振り替えます。よって、次のような仕訳を切ることになります。

借方 金額 貸方 金額
消耗品費(費用) 1,200 消耗品(資産) 1,200

この仕訳の考え方は原則的方法の消耗品使用時の考え方と同じです。3つ仕訳を並べると次のようになります。

  • 購入時:(借)消耗品 2,000/(貸)現金 2,000
  • 使用時:仕訳なし
  • 決算時:(借)消耗品費1,200/(貸)消耗品1,200

簡便的方法(購入時に費用として計上)

簡便的方法(購入時に費用として計上)では、購入時に費用として処理してしまいます。そして、使用時には特に処理をせず、決算時に残っている分を資産に振り替えます。次のようになります。

  • 購入時…費用として処理
  • 使用時…仕訳なし
  • 決算時…残っている分を費用から資産に振替

消耗品購入時

「消耗品2,000円を購入し、代金は現金で支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。

消耗品を購入しているのですが、ここでは購入時に費用として処理します。よって『(借)消耗品費2,000』となります。現金で支払っているので『(貸)現金2,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
消耗品費(費用) 2,000 現金 2,000

消耗品使用時

「消耗品1,200円分を消費した」場合の仕訳を考えてみましょう。

消耗品1,200円分を使っているので、この消耗品はなくなります。しかし、購入時に費用として計上しているので特に仕訳は切ることはありません。

決算時

「消耗品の決算時の未消費額は800円であった」場合の仕訳について考えてみましょう。

簡便的方法(購入時に費用として計上)では、すでに消耗品は費用の勘定である消耗品費で全て処理されています。しかし、800円分は未消費です。未消費の分は資産に戻さなければなりません。よって、次のような仕訳を切ることになります。

借方 金額 貸方 金額
消耗品(資産) 800 消耗品費(費用) 800

3つ仕訳を並べると次のようになります。

  • 購入時:(借)消耗品費 2,000/(貸)現金 2,000
  • 使用時:仕訳なし
  • 決算時:(借)消耗品  800/(貸)消耗品費 800

簡便的方法(購入時に費用として計上)は売上原価の計算の仕訳の考え方と似ています。

まとめ

原則的方法
購入時:(借)消耗品 2,000/(貸)現金 2,000
使用時:(借)消耗品費1,200/(貸)消耗品1,200
決算時:仕訳なし
簡便的方法(購入時に資産として計上)
購入時:(借)消耗品 2,000/(貸)現金 2,000
使用時:仕訳なし
決算時:(借)消耗品費1,200/(貸)消耗品1,200
簡便的方法(購入時に費用として計上)
購入時:(借)消耗品費2,000/(貸)現金 2,000
使用時:仕訳なし
決算時:(借)消耗品 800/(貸)消耗品費 800

これら3つの違いをきちんと理解しておきましょう。ちなみに、それぞれの勘定残高は、どの方法で記帳しても同じになります

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

“消耗品の仕訳” への4件のフィードバック

  1. みんと より:

    ■消耗品と消耗品費

    リョウさん
    いつもありがとうございます!

    消耗品についての処理
    ここも、ややこしい論点です。
    3級の勉強では私自身が購入して費用計上する時と資産計上するときの違いに悩みました。
    「消耗品」を得意とする人と苦手とする人の二つに分かれる論点だとも聞いています。
    すごく分かりやすい説明です♪
    簿記は仕訳の理解が重要ですがそこで生じる「なぜ?」が大事ですね。

    私も今1級の勉強で「なぜ??」との戦いです(笑)
    でも、解法の過程を大事にして頑張ります!

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      確かに資産計上と費用計上は分かりにくいところですね。
      ここをきちんと理解しておけば三分法がなぜあのような仕訳になるのかもよく分かります。

      みんとさんの「なぜ?」という姿勢は非常に重要だと思います。これからも「なぜ?」を大切にがんばってください。

      私も簿記を学習している方の「なぜ?」と少しでも解決できるようにがんばっていきます。

  2. ゆうこ より:

    ■ありがとうございます。

    おかげさまで、消耗品よくわかりました。試験もばっちりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ