未払金の仕訳

簿記3級
スポンサーリンク
未払金の仕訳について知りたい人
未払金の仕訳について知りたい人

簿記を勉強していると未払金っていう勘定科目が出てくるんだけど、買掛金と何が違うのかな。どっちも未払いの代金だから同じに見えるんだけどな。未払金について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

未払金

商品を買った代金を後で支払う場合は買掛金勘定で処理しました。商品以外のものを買った代金を後で受け取る場合は未払金勘定で処理します。

買掛金勘定と未払金勘定の違いは商品を買ったか商品以外のものを買ったかの違いです。次の2つの形で覚えておけば買掛金勘定と同じように処理すればいいということになります。

  • 商品の代金の未払:買掛金
  • 商品以外の代金の未払:未払金

未払金勘定は代金を支払う義務を意味するので、当然負債の勘定になります。

売掛金と未収金の関係は買掛金と未払金の関係と同じです。うまく整理しておけばこれらをまとめて理解することができます。

スポンサーリンク

未払金の仕訳

備品の購入

「備品を300,000円で購入し、代金は後日支払うこととした」場合の仕訳について考えてみます。

備品は文字通り備品勘定で処理します。具体的な目に見える財産なので、資産の勘定となります。備品を手に入れているので『(借)備品300,000』です。

また、その代金300,000円は後で支払うとあります。また、備品が商品であるとは読み取れないので、これは商品ではないと判断します。商品以外の代金の未払であるため、未払金勘定で処理します。負債の増加なので貸方に記入します。『(貸)未払金300,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
備品300,000未払金300,000

未払金の支払

「上記の未払金を現金で支払った」場合の仕訳を考えてみます。

現金300,000円を支払っているので『(貸)現金300,000』となります。また、現金を支払った時点で代金を支払う義務である未払金は消滅します。よって『(借)未払金300,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
未払金300,000現金300,000

コメント

タイトルとURLをコピーしました