直接原価計算

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では直接原価計算について解説します。

直接原価計算

固定費は通常であれば製造原価に含まれます。しかし直接原価計算では固定費は製品原価に含めずに計算します。直接原価計算では固定費は製品原価に含めないという点が最も大きな特徴なので、常にこの点を意識して勉強することが重要です。

直接原価計算は、原価を変動費と固定費に分解します。そして変動費のみで製品原価を計算し、固定費は販売費などと同様に期間原価とします。図で表すと次のようになります。

ちなみに期間原価とは、発生した「期間」の費用となるものです。1ヶ月あたりで支払う家賃のようなものだと考えて構いません。収益との対応関係が製品ではなく、期間であるものだと言い換えることもできます。

直接原価計算方式の損益計算書

直接原価計算方式の損益計算書では、まず売上高から変動費を差し引いて貢献利益を計算します。そして、この貢献利益から固定費を差し引いて営業利益を計算します。

直接原価計算方式の損益計算書を作ることで短期的な利益計画に役立つ「原価と操業度と利益の関係」を明らかにできるため、企業の原価管理に役立つ情報を提供できるという利点があります。

直接原価計算と全部原価計算の違い

直接原価計算と全部原価計算の違い(今まで学習してきた原価計算を全部原価計算といいます)は下の表のようになります。

直接原価計算 全部原価計算
総原価の分解方法 変動費と固定費に分解 製造原価と販売費及び一般管理費に分解
製品原価の内容 製造原価のうちの変動費(変動製造原価) 全ての製造原価
期間原価の内容 製造原価のうちの固定費(固定製造原価)と販売費及び一般管理費 販売費及び一般管理費

なお、損益計算書の様式も違いますが、この点については後半でお伝えします。

直接原価計算における勘定連絡図と全部原価計算における勘定連絡図の違い

全部原価計算における勘定連絡図は次のようになります。

全部原価計算

変動費と固定費を分けることなく、直接費も間接費も最終的には仕掛品勘定に集計されます。それに対して直接原価計算における勘定連絡図は次のようになります。

直接原価計算

製造原価も販売費・一般管理費も変動費と固定費に分けられ、仕掛品勘定に集計されるのは変動費のみになります。勘定連絡図の形での違いもしっかりと理解しておくと直接原価計算もより正確に理解できると思います。

直接原価計算と全部原価計算の損益計算書

直接原価計算の最も大きな特徴は変動費のみによって製品原価を計算するという点にあります。これに対して全部原価計算は製造原価の全てを製品原価とします。

このような特徴は損益計算書にも出てきます。直接原価計算と全部原価計算の損益計算書のひな形は下のようになります。

直接原価計算方式の損益計算書

損益計算書(直接原価計算)

直接原価計算では売上高から変動売上原価を引いて製造マージン(製造限界利益とも言います)を表示します。そして、この製造マージンから変動販売費を引いて貢献利益を表示します。

全部原価計算方式の損益計算書

損益計算書(全部原価計算)

全部原価計算では売上高から売上原価を引いて売上総利益を表示します。そして、この売上総利益から販売費及び一般管理費を引いて営業利益を表示します。

ちなみに、営業利益より下の部分についてはどちらも同じになります。

直接原価計算と全部原価計算の損益計算書の具体例(期首・期末の仕掛品と製品がない場合)

資料

1.当月の生産実績

期首仕掛品 0個
当期着手 500個
合計 500個
期末仕掛品 0個
完成品 500個

2.当月の販売実績

期首製品 0個
当期完成品 500個
合計 500個
期末製品 0個
販売量 500個

3.売価および原価データ

  • 売価:@10,000円
  • 製造費用:変動費@2,000円、固定費600,000円
  • 販売費:変動費@1,000円、固定費100,000円
  • 一般管理費:固定費150,000円

この資料をもとに全部原価計算における損益計算書と直接原価計算における損益計算書を作成してみましょう。どちらの損益計算書も営業利益までを作成します。

全部原価計算における損益計算書

損益計算書は売上高からスタートします。

  • 売上高=売価@10,000円×販売量500個=5,000,000円

全部原価計算では売上高から売上原価を引いて売上総利益を計算します。

  • 売上原価=変動費製造費用+固定費製造費用=変動費率@2,000円×販売量500個+固定費製造費用600,000円=1,600,000円
  • 売上総利益=売上高5,000,000円-売上原価1,600,000円=3,400,000円

次に販売費と一般管理費を計算します。

  • 販売費及び一般管理費=販売費+一般管理費=変動販売費+固定販売費+固定一般管理費(変動一般管理費はない)=変動費率@1,000円×販売量500個+固定販売費100,000円+固定一般管理費150,000円=750,000円

最後に売上総利益から販売費及び一般管理費を引いて営業利益を求めます。

  • 営業利益=売上総利益3,400,000円-販売費及び一般管理費750,000円=2,650,000円

これらより、損益計算書は次のようになります。

損益計算書(全部原価計算)の具体例

直接原価計算における損益計算書

損益計算書は売上高からスタートします。

売上高=売価@10,000円×販売量500個=5,000,000円

直接原価計算では売上高から変動売上原価を引いて製造マージンを計算します。

  • 変動売上原価=変動費製造費用=変動費率@2,000円×販売量500個=1,000,000円
  • 製造マージン=売上高5,000,000円-変動売上原価1,000,000円=4,000,000円

次に変動販売費を計算します。

  • 変動販売費=変動費率@1,000円×販売量500個=500,000円

そして製造マージンから変動販売費を引くことで貢献利益を計算します。

  • 貢献利益=製造マージン4,000,000円-変動販売費500,000円=3,500,000円

次に固定費を計算します。

  • 固定費=固定製造費用600,000円+固定販売費100,000円+固定一般管理費150,000円=850,000円

最後に貢献利益から固定費を引いて営業利益を求めます。

  • 営業利益=貢献利益3,500,000円-固定費850,000円=2,650,000円

これらより、損益計算書は次のようになります。

損益計算書(直接原価計算)の具体例

全部原価計算では売上高からまず売上原価を引いて、そのあとに販売費及び一般管理費を引くことで営業利益を求めます。それに対して直接原価計算では売上高からまず変動費を引いて、そのあとに固定費を引くことで営業利益を求めます

ざっくりと考えるとこのようになります。

また、期首・期末の仕掛品と製品がない場合には全部原価計算でも直接原価計算でも営業利益は同じになります。

直接原価計算と全部原価計算の損益計算書の具体例(期首・期末の製品がある場合)

資料

1.当月の生産実績

期首仕掛品 0個
当期着手 500個
合計 500個
期末仕掛品 0個
完成品 500個

2.当月の販売実績

期首製品 100個
当期完成品 600個
合計 700個
期末製品 200個
販売量 500個

3.売価および原価データ

  • 売価:@10,000円
  • 製造費用:変動費@2,000円、固定費600,000円(@1,000円)
  • 販売費:変動費@1,000円、固定費100,000円
  • 一般管理費:固定費150,000円

この資料をもとに全部原価計算における損益計算書と直接原価計算における損益計算書を作成してみましょう。どちらの損益計算書も営業利益までを作成します。

全部原価計算における損益計算書

損益計算書は売上高からスタートします。

  • 売上高=売価@10,000円×販売量500個=5,000,000円

全部原価計算では売上高から売上原価を引いて売上総利益を計算します。

  • 売上原価=変動費製造費用+固定費製造費用=変動費率@2,000円×販売量500個+固定費率@1,000円×販売量500個=1,500,000円
  • 売上総利益=売上高5,000,000円-売上原価1,500,000円=3,500,000円

次に販売費と一般管理費を計算します。

  • 販売費及び一般管理費=販売費+一般管理費=変動販売費+固定販売費+固定一般管理費(変動一般管理費はない)=変動費率@1,000円×販売量500個+固定販売費100,000円+固定一般管理費150,000円=750,000円

最後に売上総利益から販売費及び一般管理費を引いて営業利益を求めます。

  • 営業利益=売上総利益3,500,000円-販売費及び一般管理費750,000円=2,750,000円

これらより、損益計算書は次のようになります。

損益計算書(全部原価計算)の具体例

直接原価計算における損益計算書

損益計算書は売上高からスタートします。

  • 売上高=売価@10,000円×販売量500個=5,000,000円

直接原価計算では売上高から変動売上原価を引いて製造マージンを計算します。

  • 変動売上原価=変動費製造費用=変動費率@2,000円×販売量500個=1,000,000円
  • 製造マージン=売上高5,000,000円-変動売上原価1,000,000円=4,000,000円

次に変動販売費を計算します。

  • 変動販売費=変動費率@1,000円×販売量500個=500,000円

そして製造マージンから変動販売費を引くことで貢献利益を計算します。

  • 貢献利益=製造マージン4,000,000円-変動販売費500,000円=3,500,000円

次に固定費を計算します。

  • 固定費=固定費製造費用600,000円+固定販売費100,000円+固定一般管理費150,000円=850,000円

最後に貢献利益から固定費を引いて営業利益を求めます。

  • 営業利益=貢献利益3,500,000円-固定費850,000円=2,650,000円

これらより、損益計算書は次のようになります。

損益計算書(直接原価計算)の具体例

直接原価計算と全部原価計算の営業利益が違う理由

期首・期末の仕掛品と製品がない場合には全部原価計算でも直接原価計算でも営業利益は同じになりました。しかし、期首・期末に製品や仕掛品がある場合、営業利益は同じになりません。この例では営業利益は全部原価計算の方が100,000円多くなっています。

この100,000円の差がどこから出ているのか考えてみましょう。

  • 全部原価計算…固定費製造費用500,000円
  • 直接原価計算…固定費製造費用600,000円

このように固定費製造費用にあることが分かります(固定費製造費用以外の金額は全て同じです)。ではなぜ固定費製造費用に違いが出てくるのでしょうか。

全部原価計算では固定費製造費用も変動費製造費用と一緒に製品原価の中に算入され、販売されたときに費用として計算されます。

なので、全部原価計算では販売していない分の固定費製造費用は損益計算書の固定費製造費用に含まれません(次期に繰り越される製品の原価に含まれます)。

それに対して直接原価計算では固定費製造費用は固定販売費や固定一般管理費のように期間費用として計算します。そのため、直接原価計算では販売したかどうかに関わらず全て損益計算書の固定費製造費用に含まれます

このような違いによって固定費製造費用が変わってくるのです。この点を理解しておいてください。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

“直接原価計算” への4件のフィードバック

  1. 金属屋 より:

    こんにちは、
    簿記をやろうと決意して昨年11月より独学で勉強を始めましたが
    142,143回と続けて不合格となりました。
    全体的に理解不足だと思ってます。
    このHPを最近発見して勉強させてもらってます。
    凄く分かりやすくて助かります。
    直接、全部原価計算がよく分からなかったですが、ここを見て呑み込めました。
    まだまだ未熟ですが144回も受験するつもりです。
    今後もこちらにお世話になると思います、宜しくお願いします。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。簿記はしっかりと理解しながら勉強すれば実力もつきますし、かなり面白いものだと思います。

      これからもぜひこのブログを参考にされてください。簿記の勉強応援しています。

  2. さゆり より:

    こんにちは。
    質問があります。

    損益計算書についてなのですが、

    変動売上原価の当月製造原価の下に、
    『月末製品棚卸高』は入ってなくてもいいのでしょうか?

    前回(149回)の試験で直接原価計算がでましたが、
    棚卸やら未払やらで全く理解出来ませんでした。

    • dokuboki より:

      ご質問ありがとうございます。この「変動売上原価」は期首や期末は考えずに販売量から直接求めています。本来はさゆりさんがおっしゃるように表示するのですが、この記事では差異はないものとしているので、どちらでも同じ結果になります。ここでは差異の処理は本題から外れるのでこのようにしているとお考えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ