固定費調整

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では固定費調整について解説します。

固定費調整

直接原価計算における営業利益と全部原価計算における営業利益は違います(期首・期末の仕掛品や製品がある場合)。しかし、直接原価計算で計算された財務諸表は認められていません。

なので直接原価計算で計算された営業利益は全部原価計算で計算された営業利益に調整しなければなりません。この調整を固定費調整といいます。

直接原価計算と全部原価計算の営業利益の違いは固定費製造費用にあります。ここで、固定費調整を理解するために固定費製造費用(固定加工費)のみにしぼって勘定連絡図を書くと次のようになります。

勘定連絡図(固定費調整)

この2つの勘定連絡図から直接原価計算の損益である1,000,000円と全部原価計算の損益である850,000円の違いを考えてみましょう。

直接原価計算の場合はシンプルです。

  1. 固定費製造費用の発生額1,000,000円がそのまま損益になる

直接原価計算の場合はこの1段階のみで損益が求まります。それに対して全部原価計算の場合は少々複雑です。

  1. 全部原価計算の場合は固定費製造費用の発生額1,000,000円に仕掛品の前期繰越100,000円を足し、仕掛品の次期繰越150,000円を引くことで製品に計上される固定費製造費用が求まる
  2. 製品に計上された固定費製造費用950,000円に製品の前期繰越200,000円を足し、製品の次期繰越300,000円を引くことで売上原価に計上される固定費製造費用が求まる
  3. 売上原価に計上される固定費製造費用850,000円が損益になる

このように3段階で損益が求まります。この計算から次の式を導き出すことができます。

  • 直接原価計算の固定製造費用(1,000,000円)+期首棚卸資産に含まれる固定費(100,000円+200,000円)-期末棚卸資産に含まれる固定費(150,000円+300,000円)=全部原価計算の固定製造費用(850,000円)

この計算式では費用を計算しています。費用が増えるということは利益が減るということです。費用が減るということは利益が増えるということです。

なので利益で計算するためには上の式で足し算は引き算に、引き算は足し算にして計算しなければなりません。その式は次のようになります。

  • 直接原価計算の営業利益-期首棚卸資産に含まれる固定費(100,000円+200,000円)+期末棚卸資産に含まれる固定費(150,000円+300,000円)=全部原価計算の営業利益

式を覚えるのではなく、直接原価計算と全部原価計算の違いを理解しておくことが重要です。

固定費調整を行った直接原価計算の損益計算書

直接原価計算で上げた例をもとに固定費調整を行った直接原価計算の損益計算書は次のようになります。

損益計算書(固定費調整)

固定費調整をすることで直接原価計算で求めた営業利益が全部原価計算における営業利益と同じになります

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ