電子記録債権とは【仕訳と勘定科目を簡単に解説】

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していると電子記録債権っていう勘定科目が出てきたんだけど……
  • 電子記録債権と売掛金や受取手形の違いが分からない
  • 電子記録債権について教えて!

電子記録債権は通常の受取手形に比べると解説されることが少ないので難しいと感じる方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん電子記録債権についても熟知しています。

この記事では簿記2級に合格するために必要な電子記録債権の知識について解説します。

この記事を読めば電子記録債権についてより深く理解できるので簿記2級の試験で電子記録債権について出題されても自信を持って解答できるようになります。

結論を言うと、電子記録債権とは手形債権や売掛金を電子化したものです。勘定科目の使い方は受取手形や売掛金と同じです。

スポンサーリンク

電子記録債権:手形債権や売掛金を電子化したもの

簿記3級で手形を学習しましたが、手形には「保管や作成にコストがかかる」「紛失してしまうリスクがある」などのデメリットがあります。

また、売掛金も「譲渡しづらい」などのデメリットがあります。

そこで、このようなデメリットを克服した債権として「電子記録債権」が新たに作られました。

電子記録債権は、法的には(受取)手形や売掛金とは異なるものですが、会計的にはほとんど同じです。

会計的には「(受取)手形や売掛金を電子化したものが電子記録債権」と考えて構いません。

勘定科目を次のように置き換えるだけで問題なく仕訳を行うことができます。

電子記録ではない場合の勘定科目電子記録の場合の勘定科目
受取手形・売掛金電子記録債権
支払手形・買掛金電子記録債務
手形売却損電子記録債権売却損
スポンサーリンク

電子記録債権の仕訳

電子記録債権の受け取り

例題

当社はB商店へ商品100,000円を売上げ、代金として電子記録債権を受け取った。

この例題の仕訳を考えてみましょう。

当社は商品を100,000円分売上げたのだから『(貸)売上100,000』となります。

また、電子記録債権を受け取りました。電子記録債権は電子記録債権という勘定科目を使います。

電子記録債権は資産の勘定で、電子記録債権の受け取りは資産の増加となるため借方に記入します。よって『(借)電子記録債権100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
電子記録債権100,000売上100,000
スポンサーリンク

【まとめ】電子記録債権とは【仕訳と勘定科目を簡単に解説】

受取手形や売掛金を電子化したものが電子記録債権です。電子記録債権には「保管や作成にコストがかからない」「紛失してしまうリスクがない」「譲渡しやすい」というメリットがあります。

関連記事

商業簿記2級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました