値引きと返品の取引と仕訳(三分法)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では値引きと返品の取引と仕訳について解説します。

値引きの取引と仕訳

1.仕入時に値引きを受けた

商品を仕入れたとき、その商品に傷が付いていたり、数量が不足していたりすることがあります。その場合、代金を減額します。この代金の減額を値引きといいます。

当社はA商店から商品50,000円分を現金で仕入れた。ところが、商品に傷があったため10,000円の値引きを受け、現金を返してもらった。

この場合の後半部分の仕訳を考えてみましょう(前半部分は三分法の取引と仕訳の「商品の仕入の取引と仕訳」と同じです)。

値引きは売買代金の減額です。本来の売買代金である50,000円が10,000円分減額されて40,000円になるということです。これは前半部分の仕訳である「(借)仕入 50,000/(貸)現金 50,000」が、「(借)仕入 40,000/(貸)現金 40,000」に修正されるということです。

ただし、仕訳では消しゴムは使いません。金額を減らすときには逆仕訳を切ります。逆仕訳とは貸借逆の仕訳です。つまり、次の仕訳を切るのです。

借方 金額 貸方 金額
現金 10,000 仕入 10,000

もともとの仕訳が、「(借)仕入 50,000/(貸)現金 50,000」、そのあと、値引きがあった時点で「(借)現金 10,000/(貸)仕入 10,000」という仕訳を切ることで、仕訳が「(借)仕入 40,000/(貸)現金 40,000」に修正されます。

仕入10,000と現金10,000が相殺されると考えると分かりやすいと思います。

2.売上げ時に値引きに応じた

値引きの意味については1と同じです。ここでは売上げ時に値引きに応じた場合の仕訳を考えてみましょう。

当社はB商店に商品80,000円分を現金で売上げた。ところが、商品に傷があったため10,000円の値引きの要求があり、これに応じて現金を返した。

この場合の後半部分を考えてみましょう(前半部分は三分法の取引と仕訳の「商品の売上の取引と仕訳」と同じです)。

値引きは売買代金の減額です。本来の売買代金である80,000円が10,000円分減額されて70,000円になるということです。これは前半部分の仕訳である「(借)現金 80,000/(貸)売上 80,000」が、「(借)現金 70,000/(貸)売上 70,000」に修正されるということです。

ただし、仕訳では消しゴムは使いません。金額を減らすときには逆仕訳を切ります。つまり、次の仕訳を切るのです。

借方 金額 貸方 金額
売上 10,000 現金 10,000

もともとの仕訳が、「(借)現金 80,000/(貸)売上 80,000」、そのあと、値引きに応じた時点で「(借)売上 10,000/(貸)現金 10,000」という仕訳を切ることで、仕訳が「(借)現金 70,000/(貸)売上 70,000」に修正されます。

売上10,000と現金10,000が相殺されると考えると分かりやすいと思います。仕入時の値引きと考え方は全くといっていいくらい同じです。

返品の取引と仕訳

返品の仕訳についてお伝えします。

1.仕入時に返品した

商品を仕入れたとき、その商品が注文したものと違っていたり、値引きではすまないくらい破損していたりすることがあります。その場合、商品売買契約を取り消します。これを返品といいます。

当社はA商店から商品50,000円分を現金で仕入れた。ところが、10,000円分の商品が違っていたため返品した。この場合の後半部分を考えてみます(前半部分は三分法の取引と仕訳の「商品の仕入の取引と仕訳」と同じです)。

返品は商品売買契約の取り消しです。本来50,000円分の商品を仕入れる契約だったところが、10,000円分の契約が取り消しになったことで、40,000円分の契約に変更されるということです。

この変更は前半部分の仕訳である「(借)仕入 50,000/(貸)現金 50,000」が、「(借)仕入 40,000/(貸)現金 40,000」に修正されるということです。

ただし、仕訳では消しゴムは使いません。金額を減らすときには逆仕訳を切ります。つまり、次の仕訳を切るのです。

借方 金額 貸方 金額
現金 10,000 仕入 10,000

もともとの仕訳が「(借)仕入 50,000/(貸)現金 50,000」であり、そのあと返品があった時点で「(借)現金 10,000/(貸)仕入 10,000」という仕訳を切ることで、仕訳が「(借)仕入 40,000/(貸)現金 40,000」に修正されます。

仕入10,000と現金10,000が相殺されると考えると分かりやすいと思います。

仕訳自体は値引きのときと同じになります。

2.売上げ時に返品した

返品の意味に関しては1と同じです。ここでは売上げ時に返品に応じた場合の仕訳を考えてみましょう。

当社はB商店に商品80,000円分を現金で売上げた。ところが、10,000円分の商品が違っていたため返品の要求があり、これに応じた。

この場合の後半部分を考えてみましょう(前半部分は三分法の取引と仕訳の「商品の売上の取引と仕訳」と同じです)。

返品は商品売買契約の取り消しです。本来80,000円分の商品を売上げる契約だったところが、10,000円分の契約が取り消しになったことで、70,000円分の契約に変更されるということです。

この変更は前半部分の仕訳である「(借)現金 80,000/(貸)売上 80,000」が、「(借)現金 70,000/(貸)売上 70,000」に修正されるということです。

ただし、仕訳では消しゴムは使いません。金額を減らすときには逆仕訳を切ります。つまり、次の仕訳を切るのです。

借方 金額 貸方 金額
売上 10,000 現金 10,000

もともとの仕訳が、「(借)現金 80,000/(貸)売上 80,000」であり、そのあと返品に応じた時点で「(借)売上 10,000/(貸)現金 10,000」という仕訳を切ることで、仕訳が「(借)現金 70,000/(貸)売上 70,000」に修正されます。

売上10,000と現金10,000が相殺されると考えると分かりやすいと思います。仕訳自体は値引きのときと同じになります。

値引きと返品の違い

値引きも返品も仕訳として考えると、仕入や売上の逆仕訳です。つまり、10,000円の値引きも10,000円の返品も仕訳としては全く同じになります。

しかし、値引きと返品が全く同じ取引だというわけではありません。

値引きと返品の取引の違いは次の2つです。

  • 返品は商品が動くが値引きは商品が動かない
  • 値引きは販売単価の減少であり、返品は販売量の減少である

返品は商品が動くが値引きは商品が動かない

仕入返品の場合、返品が認められれば商品を相手に返します。売上返品の場合、返品に応じれば商品が相手から戻ってきます。つまり返品は商品が動くのです。

仕入値引きの場合、値引きが認められれば売買代金が減額されます。売上値引きの場合、値引きに応じれば売買代金を減額します。つまり値引きは商品は動かないのです。

値引きは販売単価の減少であり、返品は販売量の減少である

売上(仕入も同様です)を分解すると単価×数量です。1個500円のものを100個売ったら500×100=50,000円と計算できます。値引きは販売単価の減少となり、返品は販売量の減少となります

値引きとは、商品に傷などがあった場合に行ないます。値引きは単価の減少になります。例えば、1個500円のところを400円にするということです。この場合、売上は400×100=40,000円となります。

返品とは、品違いなどがあった場合に行ないます。返品は販売量の減少になります。例えば、100個のうち20個が品違いだったから送り返すということです。

この場合、売上は500×80=40,000円となります。同じ40,000円でも、式が異なっていることがお分かりいただけるかと思います。

値引きと返品の違いをしっかりと理解しておくことで、商品有高帳(先入先出法)商品有高帳(移動平均法)の記帳や簿記2級以降の学習がスムーズにできるようになります。今の段階でしっかりと理解しておきましょう。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ