発送諸掛の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では発送諸掛の取引と仕訳について解説します。

発送諸掛

発送諸掛は商品を売上げるのに欠かせない経費のことです。代表例としては送料、運賃などです。

発送諸掛は売上から控除しません仕入諸掛の場合は仕入に含めるのが原則だったのですが、発送諸掛の場合は売上から控除しないのです。(理由については発送諸掛は売上から控除しない理由をご覧下さい)。

仕入諸掛の処理とは決定的に違うところなので、混同しないようにしてください。発送費勘定などで処理します。

また、契約の内容によっては、仕入諸掛と同様、販売諸掛を取引相手が支払うこともあります。この場合は本来仕訳は不要ですが、相手に立て替えて一時的に自分が支払う場合もあります。その場合は、次の2通りがあります。

  • 立て替えて支払った分だけ売掛金を増加させる
  • 立替金勘定で処理する

表にまとめると、次のようになります。

当社負担 売上先負担
当社支払 支払運賃 売掛金にプラスまたは立替金
売上先支払 (清算時)支払運賃 仕訳なし

発送諸掛の取引と仕訳

1.発送諸掛を当社で負担する場合

「A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。送料は当社が負担します。

商品部分については仕入と売上についての取引と仕訳ところと同じなので特に問題ありません。次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000 売上 300,000

次は送料20,000円についてです。この20,000円は現金で支払っているので、『(貸)現金20,000』となります。

問題は借方です。売上から控除はしないので、『(借)売上20,000』ではありません。ここでは、発送費で処理します。この20,000円は当社が負担する契約なので当社の費用になります。そこで、費用の勘定である発送費で仕訳を切ります。『(借)発送費20,000』となります。

まとめると、次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
発送費 20,000 現金 20,000

これら2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

2.発送諸掛を相手が負担する場合(売掛金の増加で処理)

「A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で立替払いした」場合の仕訳を考えてみましょう。この送料は本来はA商店が支払うものですが、商品を発送したときにA商店の代わりに支払った(送料前払い)という前提で考えます。

商品部分については1と同じです。次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000 売上 300,000

次は送料20,000円についてです。現金で支払っているので、現金は20,000円減少しています。資産の減少なので、貸方に記入です。『(貸)現金20,000』となります。ここまでは1と全く同じです。

問題は借方です。この20,000円は本来は支払う義務はありません。A商店の代わりに支払っているからです。この支払いは当社の費用ではないため、費用の勘定で仕訳を切るのは理屈が通りません。

ここでは売掛金の増加で処理します。商品を売上げたときに借方に立てた売掛金の300,000円というのは、商品の代金を後でA商店に請求する債権(権利)です。この300,000円に立替払いした20,000円を加えても特に問題ありません。

そこで、A商店に一言「A商店負担の送料20,000円を売掛金300,000円に加算しておきます」と断って、『(借)売掛金20,000』と記入します。資産の増加なので借方に記入することになります。

まとめると、次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 20,000 現金 20,000

これら2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 320,000 売上
現金
300,000
20,000

売掛金勘定は『300,000+20,000=』320,000となっています。

3.発送諸掛を相手が負担する場合(立替金勘定で処理)

「A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で立替払いした」場合の仕訳を考えてみましょう。送料は本来はA商店が支払うものですが、商品を発送したときにA商店の代わりに支払った(送料前払い)と考えます。

商品部分については1・2と同じです。次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000 売上 300,000

次は送料20,000円についてです。現金で支払っているので、現金は20,000円減少しています。資産の減少なので、貸方に記入です。『(貸)現金20,000』となります。ここまでは1・2と全く同じです。

問題は借方です。これを費用の勘定にできないのは2と同じです。

ここでは立替金で処理します。立替金勘定は本来支払わなければならない人に代わって一時的に支払う場合に使う勘定です。『本来支払わなければならない人に対して立替分を請求する権利』と考えられるため資産の勘定になります。

ここで支払っている20,000円は、立替金勘定にあてはまります。資産の増加なので借方に記入です。

まとめると、次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
立替金 20,000 現金 20,000

これら2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金
立替金
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

それぞれの仕訳をきちんと理解しておくことが重要です。覚えるのではありません。理解して自分で仕訳を切れるようにしておくのです。

処理方法はいくつかありますが、どの処理方法を選ぶかは問題文から判断できるようになっています。きちんと処理方法を理解しておけば対応することができます。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

“発送諸掛の取引と仕訳” への4件のフィードバック

  1. ミクド より:

    ■初心者なんですが

    (借)売掛金 300,000/(貸)売上 300,000

    (借)立替金 20,000/(貸)現金 20,000

    (借)売掛金 300,000/(貸)売上 300,000
    (貸)立替金 20,000/(貸)現金  20,000

    (借)立替金 20,000 → (貸)立替金 20,000

    なんで こうなるのか分かりませんです。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      これは私のミスです。誤植です。貸方ではなく借方ですね。

      修正しておきます。ご指摘ありがとうございました。

      • ミクド より:

        悩みが晴れました。お返事ありがとうございます。

        • dokuboki より:

          いえいえ。こちらこそご指摘ありがとうございます。ミスは意外と自分では気付けないので、ご指摘いただけると助かります。

          今後も何かあれば悩まずにコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ