【簿記】発送費の仕訳と勘定科目

スポンサーリンク
  • 商品を売り上げたときに費用が発生する問題が出てきたんだけど……
  • 発送費を売上に含めない理由が分からない
  • 発送費の仕訳について教えて!

商品を販売したときには色々な費用がかかります。この費用を発送諸掛と言います。仕入諸掛は仕入勘定に含めるのに、発送諸掛は売上勘定に含めないというところを難しいと感じる方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん発送諸掛についても熟知しています。

この記事では発送諸掛の仕訳と発送諸掛を売上に含めない理由について解説します。

この記事を読めば簿記3級の本試験で発送諸掛が出題されても自信を持って解答できるようになります。

結論を言うと、当社が負担すべき発送諸掛は発送費という勘定科目を使って処理し、取引相手が負担する場合は売掛金に加算するか立替金勘定を使って処理します。

スポンサーリンク

発送費:商品の発送にかかる費用

商品の発送にかかる発送費のことを発送諸掛といいます。発送諸掛は商品を売上げるのに欠かせない経費です。代表例としては送料、運賃などです。

発送諸掛は売上から控除しません(理由についてはこの記事の後半でお伝えします)。仕入諸掛の場合は仕入に含めるのが原則だったのですが、発送諸掛の場合は売上から控除しないのです。

仕入諸掛の処理とは決定的に違うところなので、混同しないようにしてください。発送費勘定などで処理します。

また、契約の内容によっては、仕入諸掛と同様、発送諸掛を取引相手が支払うこともあります。

発送諸掛を取引相手が支払う場合は仕訳不要ですが、相手に立て替えて一時的に自分が支払う場合は仕訳が必要です。

立替払いをする場合は、次の2通りがあります。

  • 立て替えて支払った分だけ売掛金を増加させる
  • 立替金勘定で処理する

表にまとめると、次のようになります。

 当社負担売上先負担
当社支払支払運賃売掛金にプラスまたは立替金
売上先支払(清算時)支払運賃仕訳なし
スポンサーリンク

発送費の仕訳

1.発送費を当社で負担する場合

例題

A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で支払った。送料は当社が負担している。

この例題の仕訳を考えてみましょう。

商品部分については通常の売上の仕訳(三分法)と同じなので特に問題ありません。次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金300,000売上300,000

次は送料20,000円についてです。送料20,000円は現金で支払っているので、『(貸)現金20,000』となります。

問題は借方です。売上から控除はしないので『(借)売上20,000』ではありません。発送費で処理します。

送料20,000円は当社が負担する契約なので当社の費用です。そこで、費用の勘定である発送費で仕訳を切ります。『(借)発送費20,000』となります。

まとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
発送費20,000現金20,000

これら2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

2.発送費を相手が負担する場合(売掛金の増加で処理)

例題

A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で立替払いした。なお、立替払いした送料は売掛金の増加で処理する。

この例題の仕訳を考えてみましょう。

商品部分については1と同じです。次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金300,000売上300,000

次は送料20,000円についてです。現金で支払っているので、現金は20,000円減少しています。資産の減少なので、貸方に記入です。『(貸)現金20,000』となります。

ここまでは1と全く同じです。

問題は借方です。この20,000円は本来支払う義務はありません。A商店の代わりに支払っているからです。

送料の支払いは当社の費用ではないため、費用の勘定で仕訳を切るわけにはいきません

例題の指示のとおり、売掛金の増加で処理します。

商品を売上げたときに借方に立てた売掛金の300,000円というのは、商品の代金を後でA商店に請求する債権(権利)です。300,000円に立替払いした20,000円を加えても特に問題ありません。

そこで、A商店に一言「A商店負担の送料20,000円を売掛金300,000円に加算しておきます」と断って『(借)売掛金20,000』と記入します。資産の増加なので借方に記入することになります。

まとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金20,000現金20,000

2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金320,000売上
現金
300,000
20,000

売掛金勘定は(商品代金300,000+発送費20,000=)320,000となっています。

3.発送費を相手が負担する場合(立替金勘定で処理)

例題

A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で立替払いした。なお、立替払いした送料は立替金勘定で処理する。

この例題の仕訳を考えてみましょう。

商品部分については1・2と同じです。次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金300,000売上300,000

次は送料20,000円についてです。現金で支払っているので、現金は20,000円減少しています。資産の減少なので、貸方に記入です。『(貸)現金20,000』となります。

ここまでは1・2と全く同じです。

問題は借方です。送料を費用の勘定にできないのは2と同じです。

問題文の指示通り立替金で処理します。立替金勘定は本来支払わなければならない人に代わって一時的に支払う場合に使う勘定です。

「本来支払わなければならない人に対して立替分を請求する権利」と考えられるため資産の勘定になります。

ここで支払っている20,000円は立替金勘定にあてはまります。資産の増加なので借方に記入です。

まとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
立替金20,000現金20,000

2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金
立替金
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

それぞれの仕訳をきちんと理解しておくことが重要です。覚えるのではありません。理解して自分で仕訳を切れるようにしておくのです。

処理方法はいくつかありますが、どの処理方法を選ぶかは問題文から判断できるようになっています。きちんと処理方法を理解しておけば対応することができます。

スポンサーリンク

発送費は売上から控除しない理由は費用収益対応の原則を守るため

企業会計では費用と収益は対応していなければなりません。そのことについて考えていきます。

先ほどお伝えしたように「A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で支払った」場合(送料当社負担)の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

なぜ仕入諸掛のときと同じように発送諸掛を売上から控除して次のようにしてはいけないのでしょうか。

借方金額貸方金額
売掛金300,000売上
現金
280,000
20,000

それ以前に、なぜ次の仕訳が認められているのでしょうか。

借方金額貸方金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

発送費において収益と費用は対応している

仕入諸掛の場合、次の仕訳では収益と費用が対応しないため認められません。

借方金額貸方金額
仕入
発送費
150,000
10,000
買掛金
現金
150,000
10,000

発送費は仕入れた商品全てにかかりますが、全ての商品が売れるとは限らないからです。送料が収益と対応しないので、送料を発送費勘定で処理してはいけません。

しかし、発送諸掛では、次の仕訳が認められています。

借方金額貸方金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

送料を発送費勘定で処理してもいいのです。発送諸掛の場合は収益と費用が対応しているからです。仕入諸掛は仕入れた時点で発生するので、売れたか売れなかったかに関わらず発生します。

しかし、発送諸掛は売れた時点で初めて発生するので、売上げた分しか発生しないのです。そのため、発送諸掛を全て費用として処理しても収益と費用は対応しているのです。

では、なぜ次の仕訳は認められないのでしょうか。

借方金額貸方金額
売掛金300,000売上
現金
280,000
20,000

費用及び収益は、総額によって記載することを原則とする

収益と費用は総額で記載しなければなりません。売上100円、売上に対応する費用が80円だった場合に、勝手に純額にして、利益20円と記帳するわけにはいかないということです。

純額で表示してしまうと、売上の規模が分からなくなってしまいます。

利益が10,000円だと分かっても、収益1,000,000円、費用990,000円で利益が10,000円なのか、収益20,000円、費用10,000円で利益10,000円なのか分からないのです。

売上の規模は投資家などの利害関係者にとって重要な情報です。売上の規模が分かるように費用と収益は総額で記載しなければならないのです。

ところが、次の仕訳は、総額によって記載しなければいけないという決まりを破ってしまっています。

借方金額貸方金額
売掛金300,000売上
現金
280,000
20,000

売上と費用(送料)が相殺されてしまっているのです。売上と費用が相殺されてしまうと売上の規模が小さく見えてしまいます。

こういった理由により、売上と発送費を相殺する会計処理は認められないのです。

このような形で理解しておくと仕入諸掛と発送諸掛の処理の違いを混同せずにすみます。仕訳は丸暗記ではなく、理解してから覚えるという形を徹底しておきたいところです。

スポンサーリンク

【まとめ】発送費

商品の発送にかかる発送費のことを発送諸掛と言います。当社が負担する発送諸掛は売上から控除せず、発送費勘定で処理します。

取引相手が負担する発送諸掛を立て替えて支払った場合は、「立て替えて支払った分だけ売掛金を増加させる」「立替金勘定で処理する」のどちらかで処理します。

発送諸掛を売上から控除しないのは収益と費用は総額で記載しなければならないからです。

関連記事

コメント

  1. ミクド より:

    ■初心者なんですが

    (借)売掛金 300,000/(貸)売上 300,000

    (借)立替金 20,000/(貸)現金 20,000

    (借)売掛金 300,000/(貸)売上 300,000
    (貸)立替金 20,000/(貸)現金  20,000

    (借)立替金 20,000 → (貸)立替金 20,000

    なんで こうなるのか分かりませんです。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      これは私のミスです。誤植です。貸方ではなく借方ですね。

      修正しておきます。ご指摘ありがとうございました。

      • ミクド より:

        悩みが晴れました。お返事ありがとうございます。

        • dokuboki より:

          いえいえ。こちらこそご指摘ありがとうございます。ミスは意外と自分では気付けないので、ご指摘いただけると助かります。

          今後も何かあれば悩まずにコメントください。

  2. dokidoki より:

    教えてください。
    ●最初の仕分けは正解なんですよね?

    2つの仕訳をまとめると、次のようになります。

    売掛金320,000/売上300,000
    現金20,000

    売掛金勘定は(商品代金300,000+発送費20,000=)320,000となっています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ●下記仕訳は何故だめなんでしょうか?金額は違えど同じだと思います。

    ところが、次の仕訳は、総額によって記載しなければいけないという決まりを破ってしまっています。

    売掛金300,000/売上280,000
    現金20,000

    売上と費用(送料)が相殺されてしまっているのです。
    売上と費用が相殺されてしまうと売上の規模が小さく見えてしまいます。

    • 平野 より:

      コメントありがとうございます。早速ご質問にお答えします。

      (借)売掛金 300,000/(貸)売上 280,000・(貸)現金20,000

      この仕訳は本来の仕訳と比較すると売上が20,000、売掛金も20,000減っています。商品を300,000円売っているのに売上が280,000円しか計上していないのはまずいということになります。

      同様に売掛金も売上300,000円と立て替えた発送費20,000円の合計320,000円あるはずなのに、300,000円しか請求権がないことになってしまいます。

      こういった理由から、取引を正確に表していないのでまずいです。

タイトルとURLをコピーしました