資産・負債・資本・収益・費用

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

簿記一巡の手続きについてお伝えしたところで、仕訳を切るということもお伝えしました。今回は、仕訳を切る際に使う勘定科目の大まかなグループである、資産・負債・資本・収益・費用について解説します。

企業の財政状態を表す「資産・負債・資本」

簿記の最終目的の一つは「企業の財政状態を明らかにすること」でした。この財政状態に関するのが、「資産負債資本」です。貸借対照表は、これをもとに作成されます。

≫現在は資本ではなく純資産ということになっています。ここであえて資本と書いている理由については純資産を資本と書いてきた理由をご覧ください。

企業の経営成績を表す「収益・費用」

簿記のもう一つの最終目的は「企業の経営成績を明らかにすること」でした。この経営成績に関するのが、「収益費用」です。損益計算書は、これをもとに作成されます。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ