労務費の分類

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では労務費の分類について解説します。

労務費の分類

労務費とは、労働力の消費額のことです。工場は人にお金を支払うことで労働力を提供してもらい、製品を製造しています。このように、製品の製造のために労働力を消費した場合、その労働力の消費高は労務費として製品の製造原価に算入されます

労務費のほとんどは賃金なのですが、正確には次の5つがあります。

  • 賃金
  • 給料
  • 従業員賞与手当
  • 法定福利費
  • 退職給付引当金繰入額

賃金

製造活動を行っている工員に支払われる給与を賃金といいます。製造活動のうち直接作業に従事する場合に支払われる賃金は直接労務費になり、間接作業に従事する場合に支払われる賃金は間接労務費になります。

給料

工場長や工場事務員のような工員以外に支払われる給与をいいます。工場長は工場事務員は直接作業に従事することは通常なく、工場全体の管理や監督のために仕事をしているので、間接労務費になります。

従業員賞与手当

工場の従業員に対して支払われる賞与(ボーナス)や、作業に直接関係のない手当(通勤手当や住宅手当など)をいいます。直接作業に対してボーナスや手当が支払われることは通常ないので、間接労務費になります。

法定福利費

工場従業員の健康保険料や雇用保険料など、法律で決められている福利厚生のうち、会社負担分をいいます。直接作業に対して福利厚生があるわけではないので、間接労務費になります。

退職給付引当金繰入額

退職給与規定によって、毎期計上される退職給付引当金繰入額のうち、工場の従業員に関する部分をいいます。退職金が直接作業に対して支払われることはないので、間接労務費になります。

これら5つの分類は参考程度でかまいません。全て覚えなければならないというわけではなく、労務費がどんなものかイメージする程度に知っておくだけで十分です。

労務費の特徴と注意点

5つの分類を全て覚える必要はありませんが、労務費に関する重要な特徴と注意点が2点あるので、これはきちんと意識しておいてください。

直接労務費になるのは直接作業に対して支払われる「賃金」だけである

5つの労務費の分類の中で直接労務費になるのは賃金の中の直接作業に対して支払われる分だけです。他の4つの分類は全て間接労務費になります。

しかし、賃金が金額のほとんどを占めるので、直接労務費の金額が間接労務費に比べて極端に小さくなることはありません。

製造活動に関する労務費以外は原価にならない

製造活動に関する労務費以外は原価になりません。給料や賞与、退職金などは工場で製造活動を行っている人以外にも支払います(営業マンに対する賞与など)。これらは原価にならないので工業簿記の範囲には入っていきません。

この2点だけ知っておいてください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“労務費の分類” への2件のフィードバック

  1. 建設業 より:

    建設業だとさらに話が複雑になってきますね。建設業では、労務費の定義が「工事に従事した直接雇用の作業員に対する賃金、給料及び手当等」となっているので、ここでいう「給料」「法定福利費」「退職給付引当金」が、全て経費の一種である人件費として扱われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ