営業外受取手形の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では営業外受取手形の取引と仕訳について解説します。

営業外受取手形

営業取引で手形を受け取った場合は受取手形勘定を使います。お金を貸して、借用証書の代わりに手形を受け取った場合は手形貸付金勘定を使います。では、営業取引以外で手形を受け取った場合はどのような勘定を使うのでしょうか。

営業取引以外で手形を受け取った場合は営業外受取手形という勘定を使います。受取手形と同じで資産の勘定です。簿記では営業取引と営業取引以外の取引を厳格に区別しなければなりません。そのため、同じ手形でも異なる勘定科目を使うのです。

営業外受取手形の取引と仕訳

固定資産の売却

「土地200,000円(帳簿価額150,000円)を売却し、代金は手形で受け取った」ときの仕訳について考えてみます。

帳簿価額150,000円の土地を売却しているので、『(貸)土地150,000』となります。

また、代金は手形で受け取っていますが、土地を営業取引として売却したと例文から読み取ることはできません。そこで、営業外取引だと判断して『(借)営業外受取手形200,000』となります。うっかり受取手形勘定で処理してしまわないことがポイントです。

借方合計200,000円と貸方合計150,000円の差額は、売却益となります。よって、『(貸)固定資産売却益50,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
営業外受取手形 200,000 土地
固定資産売却益
150,000
50,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“営業外受取手形の取引と仕訳” への2件のフィードバック

  1. bokikentei より:

    ■今日も読んで良かったです♪

    ノーマークでした・・・

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      ここをノーマークにしていてミスしてしまうことが結構あるんですよね。私は何度もありました。

      お役に立てて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ