連結精算表

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では連結精算表について解説します。

連結精算表

連結会計は複雑なのであらかじめ精算表で計算しておくのが一般的です。前回、支配を獲得した後の連結修正消去仕訳の具体例でお伝えした会計処理の全体を連結精算表にすると次のようになります。

連結精算表

連結精算表の作成手順は次のようになります。

  1. 3つの個別財務諸表の金額を記入する
  2. 連結修正消去仕訳を記入する
  3. 収益と費用を連結損益計算書の段に記入する(収益と費用は当期のものだけです。前期までの収益と費用は当期では純資産として繰り越されてきているので純資産として扱います
  4. 連結損益計算書で計算された「親会社株主に帰属する当期純利益」を連結株主資本等変動計算書の「親会社株主に帰属する当期純利益」に書き移す
  5. 純資産は連結株主資本等変動計算書の段に記入する(前期までの収益と費用は当期では純資産として繰り越されてきているので純資産に含みます
  6. 連結株主資本等変動計算書で計算された「資本金当期末残高」「資本剰余金当期末残高」「利益剰余金当期末残高」「非支配株主持分当期末残高」を連結貸借対照表の「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」「非支配株主持分」に書き移す(「資本金当期末残高」と「資本金」が、「資本剰余金当期末残高」と「資本剰余金」が、「利益剰余金当期末残高」と「利益剰余金」が、「非支配株主持分当期末残高」と「非支配株主持分」が対応しています)
  7. 資産と負債を連結貸借対照表の段に記入して計算する

このような手順で連結精算表を記入していきます。

※先に資産と負債を連結貸借対照表の段に、純資産(前期までの収益と費用含む)を株主資本等変動計算書の段に、当期の収益と費用を連結損益計算書の段に記入してから「親会社株主に帰属する当期純利益」と「純資産の各項目」を書き移しても構いません。

これまで学習してきた財務諸表は貸借対照表と損益計算書だけだったので、「当期純利益」のみで貸借対照表と損益計算書が結びついている形でした。

それに対して連結精算表は株主資本等変動計算書が含まれているので、「親会社株主に帰属する当期純利益」で連結損益計算書と株主資本等変動計算書が、「純資産の各項目」で株主資本等変動計算書と連結貸借対照表が結びついている形になっています。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ