資本剰余金から配当が行われた場合の会計処理

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。子会社配当金がある場合では、子会社は利益剰余金から配当金を支払っていました。しかし、資本剰余金から配当金を支払うことも会社法上は認められています。

資本剰余金から配当が行われた場合、資本剰余金からの配当のもとになっている有価証券をどのように処理しているかで会計処理も変わってきます(利益剰余金から配当金が支払われた場合は、有価証券の保有目的に関わらず同じ会計処理になります。)。

この記事では資本剰余金から配当が行われた場合の会計処理についてお伝えします。

資本剰余金から配当が行われた場合の会計処理

資本剰余金から配当が行われた場合の会計処理は、その有価証券が「売買目的有価証券」なのか「子会社株式」なのか「その他有価証券」なのかで変わってきます。

売買目的有価証券

売買目的有価証券として処理している株式から受け取った資本剰余金からの配当金は受取配当金として処理します。仕訳で表すと「(借)現金×××/(貸)受取配当金×××」となります。利益剰余金から配当が行われた場合と同じです。

子会社株式

子会社株式として処理している株式から受け取った資本剰余金からの配当金は子会社株式の帳簿価額から控除します。仕訳で表すと「(借)現金×××/(貸)子会社株式×××」となります。

資本剰余金の配当は資本の払い戻しと同じだと考えるため、このような仕訳になります。

その他有価証券

その他有価証券として処理している株式から受け取った資本剰余金からの配当金はその他有価証券の帳簿価額から控除します。仕訳で表すと「(借)現金×××/(貸)その他有価証券×××」となります。

資本剰余金の配当は資本の払い戻しと同じだと考えるため、このような仕訳になります。

資本剰余金から配当が行われた場合の連結修正消去仕訳

子会社からの配当を受け取った場合は、上記の「子会社株式」の場合になります。なので連結修正消去仕訳では子会社株式と相殺します。仕訳で表すと次のようになります。

(借)非支配株主持分当期変動額 ×××/(貸)配当金 ×××
(借)子会社株式        ×××

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ