受取配当金の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では受取配当金の取引と仕訳について解説します。

配当金

株式は会社そのものです。株式を保有している場合、その株式を発行している会社を保有しているということになります。

会社が株主のものだということは、その会社が利益を上げた場合、その利益も株主のものです。株主はその利益を配当という形で受け取ることができます。これが配当金です。

配当金は現金

株式を保有している場合、年に1回か2回配当金領収書が送られてきます。この配当金領収書は現金です(詳しくは簿記における現金をご覧下さい)。この配当金領収書を受け取るということは現金を受け取るということなので、『(借)現金×××』となります。

貸方は収益の勘定である『受取配当金』という勘定を使って処理します。

受取配当金の取引と仕訳

配当金の受け取り

「A株式会社から配当金領収書10,000円分が送られてきた」場合の仕訳を考えてみましょう。

配当金領収書は現金です。それが10,000円分増加したので『(借)現金10,000』です。配当金の受け取りは収益の勘定である受取配当金という勘定を使います。よって『(貸)受取配当金10,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 10,000 受取配当金 10,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

“受取配当金の取引と仕訳” への2件のフィードバック

  1. 「人生はジェンガ」Bassist’’KEIーSIXX’’ より:

    ■めちゃありがとうです!

    ちょうど
    調べてたんですけども
    答えがすぐにわかりました(*゚▽゚*)

    ありがとうございます♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ