損益計算書

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。損益計算書とは何かについては損益計算書~企業の経営成績を表す表~で解説しました。この記事では損益計算書の作成までの流れについて解説します。

損益計算書

損益計算書は損益勘定を元に作成します(決算整理後残高試算表を元に作成することもできます)。

損益勘定は内部で企業の経営成績を把握するためのの資料、損益計算書は外部に企業の経営成績を公表するための資料です。そのため、損益計算書は読む人に分かりやすく作成する必要があります。

また、損益計算書には複数の表示方法がありますが、ここでは簿記3級で出題される「勘定式」についてお伝えします。

≫簿記2級で出題される損益計算書を「報告式」と言います。報告式の損益計算書については損益計算書(報告式)をご覧ください。

では、具体例として次のような損益勘定があったとして考えてみましょう。

損益勘定

この損益勘定を元に作成した損益計算書は次のようになります。

損益計算書

損益勘定と損益計算書の違いは次の4つです。

  • 会計期間を記載する
  • 「売上」を「売上高」にする
  • 「仕入」を「売上原価」にする
  • 「資本金」を「当期純利益(純損失)」にし、赤字で記入する(検定試験では黒字でOK)

簿記3級で出題されるものについてはこれだけで十分です。また、会計期間の書き方については試験で書く必要はないので、この表記方法を覚える必要は特にありません。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ