電卓練習用計算問題(電卓版ハノン)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では電卓の早打ち練習の注意点と電卓練習用計算問題(電卓版ハノン)について解説します。

電卓の練習を行う前に

電卓の練習を行う前やるべきことが2つあります。

メモリー機能や定数計算などは特に身につけていなくても早く打つ練習を行うことはできます。しかし、メモリー機能や定数計算を身につけていないと、「操作そのもののスピードは速いが、不必要な操作のせいで計算結果を求めるのには時間がかかる」という状態になってしまいます。

まずはリンク先を参考にこれらを行ってから電卓の練習を行うことが大切です。

電卓練習用計算問題(電卓版ハノン)を行うタイミング

電卓操作にまだ慣れていない間は、電卓練習の時間をしっかりと取るべきです。特に簿記3級を受験する段階では、ほとんどの方が電卓を上手に使えません。1日10分で構わないので、学習前に電卓練習の時間を取ってください。

簿記3級の勉強の際に電卓の練習をしていれば、簿記3級に合格して、簿記2級の取得を目指す段階になれば、電卓の操作もだいぶ上達しているはずなので、電卓練習の時間は特に必要ないでしょう。

しかし、いいウォーミングアップになるので、簿記の学習の前のウォーミングアップ的な感じで取り組んでください。

≫勉強前にウォーミングアップをする効果については簿記の勉強を無理なく続けていくための3つのコツで詳しくお伝えしています。

電卓版ハノンを行うときの注意点

みなさんはハノンをご存知でしょうか?ピアノを弾いている方は聞いたことがある言葉だと思います。指が思い通りに動くようにするための練習曲です。

電卓でも同じようなものがあってもいいと思い、電卓版のハノンを作成しました。電卓版ハノンを効果的に行うためには次の3つを意識して下さい。

  • 同じボタンは必ず同じ指で入力する
  • 手許は絶対に見ない
  • リズミカルに指を動かす

同じボタンは必ず同じ指で入力する

どの指でどのボタンを押すかはタッチタイピング(ブラインドタッチ)の練習の前に決めるべき2つのことを参考に使いやすい形を見つけてください。

指使いは色々あって構わないのですが、同じボタンを別の指で押してはいけません。入力ミスの元になってしまいます。必ず「×のボタンは人差指で押す」などのように押すボタンに指を割り当てておいてください。

手許は絶対に見ない

手許は絶対に見てはいけません。見るのは入力すべき数字が書いてある問題用紙と液晶だけです。手元を見てしまうとタッチタイピング(ブラインドタッチ)ではありません。最初は間違っても構わないので、絶対に手元を見ないようにしてください。

リズミカルに指を動かす

得意なところだけ速く指を動かして、苦手なところはゆっくりになるような打ち方をしてはいけません。このような練習の仕方だと、苦手なところの成長が遅くなってしまいます。得意なところも苦手なところも同じリズムで練習するようにしてください。

電卓練習用計算問題(電卓版ハノン)

電卓版ハノンは次のとおりです。上の3つの注意点を守りながら挑戦してみてください。

電卓版ハノンその1~テンキー横~

  • 789+789+456+456+123+123=2736
  • 987+987+654+654+321+321=3924
  • 789+456+123+987+654+321=3330
  • 123+456+789+321+654+987=3330
  • 456+321+789+123+987+654=3330

1つの計算を1回につき10秒以内で5回連続で正解が目標です。

電卓版ハノンその2~テンキー縦~

  • 741+741+852+852+963+963=5112
  • 963+963+852+852+741+741=5112
  • 963+852+741+147+258+369=3330
  • 741+852+963+369+258+147=3330
  • 369+258+147+741+852+963=3330

1つの計算を1回につき10秒以内で5回連続で正解が目標です。

電卓版ハノンその3~テンキー斜~

  • 159+159+753+753+951+357=3132
  • 951+951+357+357+159+753=3528
  • 951+159+753+357+915+375=3510
  • 915+519+375+573+195+735=3312
  • 486+426+862+842+624+248=3488

1つの計算を1回につき10秒以内で5回連続で正解が目標です。

電卓版ハノンその4~減算~

簿記の計算は加算が圧倒的に多いため、加算さえブラインドタッチで正確に早く打てればとりあえず十分です。

これ以降のハノンはそれほど重要ではないため、特にやる必要はありません。指先のウォーミングアップや気晴らしくらいの気持ちで行ってください。

  • 100-9-8-7-6-5-4-3-2-1=55

電卓版ハノンその5~乗算~

  • 10×2×3×4×5×6×7×8×9=3628800

電卓版ハノンその6~除算~

  • 3628800÷10÷9÷8÷7÷6÷5÷4÷3÷2=1

電卓版ハノンはこれで終わりです。毎日繰り返すことでどんどん早く正確になっていきます。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:,

“電卓練習用計算問題(電卓版ハノン)” への10件のフィードバック

  1. リーネ・アントルマン より:

    ■役に立っています 

    高校1年生の男子です
    この電卓ハノンとても役に立ちました
    検定も近ずいてるのでこれで練習させてもらいます
    ありがとうございました

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。検定試験がんばってください。応援しています。

  2. LUCKY より:

    ハノンも大分慣れてきました。

    • dokuboki より:

      それはよかったです。電卓が正確に使えることは試験でも実務でも重要ですからね。

  3. 高橋 より:

    4月から、知人の紹介で経理に転職しました。
    簿記3級もなく、いままで経験のない分野なので何から知識、技術を学ぶかと本気で探すところに、ここのサイトにたどり着きました。
    心構えや、勉強のコツなどみんな読ませていただきました。
    具体的な提案に感謝しています。
    これから、身につくまで参考にいたします!
    お世話になります!!

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      未経験の状態で経理の仕事を行なっていくのは大変かと思いますが、ぜひ楽しみながら色々と身につけていってください。少しでもそのお役に立てれば嬉しいです。ぜひ参考にされてください。

  4. コンコン より:

    最近簿記検定のために電卓の練習を始めました。

    毎日練習していると、だんだん早く打てるようになってきました。

    電卓版ハノンの上に注意点が3つ書かれているのがいいですね。
    練習の前に必ず目に入るので、効果的な練習になっているように感じます。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。お役に立ててよかったです。簿記の勉強応援しています。

  5. イトー より:

    パート面接で電卓テストがあります。こんなのがあるなんて、本当に助かりました。
    一時間後にテストがあります。
    今回は落ちても、次回の面接にむけて、準備したいと思います。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。電卓の練習、応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ページトップへ