簿記検定にピッタリの電卓の使い方(左手5本指がおすすめです)

電卓の使い方
日商簿記を受ける予定の人
日商簿記を受ける予定の人

日商簿記検定で電卓を使うときは左手の方がいいって聞いたけど、どんないいことがあるのかな。具体的に左手でどう操作したらいいのかな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出しています。電卓についても相当に詳しい部類に入ると思います。そんな私が解説していきます。

日商簿記検定を受けるときの電卓操作は、左手が圧倒的におすすめ

日商簿記検定を受けるときの電卓操作は左手が圧倒的におすすめです。理由は「左手で電卓を操作しながら右手で数字を記入できるから」です。

この記事の内容は「右利き」という前提で書いています。もし左利きであれば電卓操作は右手がおすすめです。

もし右手で電卓を操作した場合、電卓で計算結果が表示されたところで一度手を離し、ペンに持ち替えて解答用紙に記入し、またペンを置き、電卓操作を続ける必要があります。

ペンを持ったまま電卓を操作することは不可能ではありませんが、電卓操作が遅くなったりミスが増えたりするのでおすすめできません。

電卓を左手で操作していれば、右手でペンを持ったまま電卓を操作できるので、全くポジションを壊さずに計算を続けることができます。

左手操作と右手操作にはそれぞれメリットがありますが、試験を受ける場合においては、この一点のメリットが大きすぎるので、左手操作をおすすめしています。

左手操作と右手操作のそれぞれのメリットについては次の記事をご覧ください。
【電卓版】ブラインドタッチの練習の前に【指使いを決める】

日商簿記検定を受けるときの電卓操作は、5本指がおすすめ

日商簿記検定を受けるときの電卓操作は、5本指がおすすめです。電卓操作の方法は3本指から5本指まであるのですが、使う指が増えれば増えるほど指1本あたりが担当するキーの数が減ります。

私が最もおすすめするのが次の「左手5本指」での電卓操作です。

左手5本指のタッチタイピング(ブラインドタッチ)

この担当例では[-]を親指で押すときに、[=]や[+]を間違えて押してしまいやすいです。そのため、[-]を人差指で押すというパターンもありだと思います。

右手での電卓操作や左手3本指、左手4本指の電卓操作については次の記事をご覧ください。
【電卓版】ブラインドタッチの練習の前に【指使いを決める】

日商簿記検定のように、試験で電卓を使う場合は「左手5本指」がおすすめです。電卓の早打ちのための練習方法については次の記事で解説しています。
電卓練習用計算問題(電卓版ハノン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました