連結財務諸表のひな形

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では連結財務諸表のひな形について解説します。

連結財務諸表のひな形

連結財務諸表の中で重要なのは「連結貸借対照表」「連結損益計算書」「連結株主資本等変動計算書」の3つです。一つずつひな形を確認していきましょう。

連結貸借対照表

連結貸借対照表は連結決算日における企業集団の財政状態を報告する財務諸表です。ひな形は次のとおりです(繰延資産については詳しくは簿記1級で学習します。参考程度に見ておいてください。)。

連結貸借対照表

「資本剰余金と利益剰余金は内訳を表示しないこと」「非支配株主持分は株主資本とは区別して表示すること」などが個別財務諸表と違います(非支配株主持分とは、子会社の株式のうち親会社以外の株主の持分のことです。)。

連結損益計算書

連結損益計算書は連結会計期間における企業集団の経営成績を報告する財務諸表です。ひな形は次のとおりです。

連結損益計算書

「売上原価は内訳を表示しないこと」「『親会社株主に帰属する当期純利益』の計算を行うときに『非支配株主に帰属する当期純利益』を加減すること」などが個別財務諸表と違います。

※「非支配株主に帰属する当期純利益」は、子会社の利益のうち親会社以外の株主に帰属する分のことです。

「非支配株主に帰属する当期純利益」は利益を非支配株主に配分することになるので減算となります。逆に「非支配株主に帰属する当期純損失」は損失を非支配株主に負担させることになるので加算となります。)。

連結株主資本等変動計算書

連結株主資本等変動計算書は連結会計期間における企業集団の純資産の変動を報告する財務諸表です。次のようなものになります(簿記2級の学習上重要なものだけ記載しています。)。

連結株主資本等変動計算書

株主資本に関する当期変動額は変動した理由ごとに細かく表示します。

逆に株主資本以外に関する当期変動額は「株主資本以外の項目の当期変動額」として純額を一括して表示します(株主資本以外の変動は利害関係者の代表である「親会社の株主」や「投資者」にとって重要ではないので簡単に表示するということです。)。

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ