委託買付の仕訳

商業簿記2級
委託買付について知りたい人
委託買付について知りたい人

簿記を勉強していると委託買付っていう取引が出てくるんだけど、これってどういう取引なんだろう。仕訳はどうしたらいいのかな。委託買付について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

委託買付

他社に手数料を支払って商品の買付けを委託することがあります。このような取引を委託買付と言います。

委託買付は売れ行きが好調なので仕入を増やしたいけど、忙しすぎて商品の買付けに人が回せない状況で行うことが多いです。

委託買付を図で表すと次のようになります。

委託買付

委託買付の仕訳

商品の仕入を委託した

「代理店に商品の買付業務を委託し、購入資金として現金300,000円を渡した」場合の仕訳を考えてみましょう。

現金300,000円を渡しているので、『(貸)現金300,000』となります。これは問題ないでしょう。

問題は借方です。商品の買付けを委託しているので「委託買付」などの特殊な勘定を使うようにも考えられますが、ここでは前払金勘定を使います。

前払金は商品の仕入代金の前払いをしたときに使うのですが、委託買付はまさに商品の仕入代金の前払いにあたるからです。よって、『(借)前払金300,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
前払金300,000現金300,000

商品と買付計算書が送られてきた

「代理店から商品と買付計算書が送られてきた。その計算書によると、商品の代金が500,000円、発送費等の立替費用が70,000円、手数料が 30,000円だった」場合の仕訳を考えてみましょう(上の例の続きのため、前払金300,000がすでに代理店に渡されています)。

商品が500,000円送られてきています。また、商品を仕入れるのにかかった費用は仕入原価に加えるので、発送費の立替費用70,000円と手数料30,000円は仕入原価に加えられます。

よって、仕入の金額は(500,000+70,000+30,000=)600,000円となるので、『(借)仕入600,000』となります。

また、仕入を委託していたときに渡していた300,000円が商品の代金に割り当てられるので、『(貸)前払金300,000』となります。

このままでは貸方が300,000円不足しています。この300,000円は商品の仕入金額から前払金の金額を差引いた金額なので、商品代金の未払金になります。商品代金の未払金は買掛金勘定を使うので、『(貸)買掛金300,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
仕入600,000前払金
買掛金
300,000
300,000

コメント

タイトルとURLをコピーしました