前払金の仕訳

簿記3級
スポンサーリンク
  • 商品の代金を前払いする問題が出てきたんだけど……
  • 仕入勘定で処理してはいけない理由が分からない
  • 前払金の仕訳について教えて!

商品を仕入れる前に代金を前払いすることがありますが、このときについ仕入勘定で処理してしまうケースが非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん商品代金を前払いしたときの仕訳についても熟知しています。

この記事では商品を受け取る前に商品代金を支払った場合の仕訳について解説します。

この記事を読めば簿記3級の本試験で前払金の問題が出題されてもきちんと解答できるようになります。

結論を言うと、商品を受け取る前に代金を支払った場合は前払金という勘定科目を使って処理します。「前払金」は商品を受け取る権利を意味する資産の勘定科目です。

スポンサーリンク

前払金

文字通り、前払金は前もって払ったお金です。日常会話で使う「家賃3ヶ月分前払い」などと同じです。

前払金勘定は商品の代金として前払いをしたときに使います。消耗品など、商品以外のものの代金を前払いした場合には使いません。

商品以外のものの代金を前払いしたときに使う勘定科目については「商品以外の前払いや前受けはどの勘定科目を使うのか」で詳しく解説しています。

仕入などの時に商品の引渡しを受ける前にお金を支払うことがあります。手付金や内金などをイメージするといいと思います。

ここで重要なことは、まだ商品を仕入れたわけではないので、仕入で仕訳を切るわけにはいかないという点です。仕入は商品の引渡しをもって仕入とするのが原則です。というわけで、この場合は仕入勘定ではなく前払金勘定で処理します。

ちなみに前払金勘定は、前払いした金額分の商品を請求する権利と考えられます。権利なので資産の勘定です。

スポンサーリンク

前払金の仕訳

内金の支払い

「A商店に100,000円分の商品を注文し、内金として現金30,000円を支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。

現金30,000円を支払っているので、『(貸)現金30,000』となります。資産の減少だから貸方に記入します。

問題は借方です。商品の引渡しを受けているのであれば仕入勘定で全く問題ないのですが、この場合は内金として支払っているだけです。まだ商品を受け取っていない段階で仕入勘定を使用することはできません。

そこで、前払金勘定を使用します。前払金は資産の勘定で、増加は借方に記入します。よって『(借)前払金30,000』となります。

まとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
前払金30,000現金30,000

実際に商品を仕入れ

通常の取引では「A商店から実際に100,000円分の商品を仕入れ、商品の引渡しを受けた」といったように、商品代金を前払いしたあとに実際に商品を仕入れます。その取引の仕訳を考えてみましょう。

商品100,000円分仕入れたので、『(借)仕入100,000』となります。

貸方についてですが、普通は先に支払った前払金が自動的に割り当てられます。実際に商品の引渡しを受けることで、商品を請求する権利である前払金は消滅します。そこで、『(貸)前払金30.000』となります。

残額については、具体的に何かを支払わない限りは掛で買ったことになります。つまり、買掛金が増加することになります。負債の増加は貸方なので、『(貸)買掛金70,000』となります。この70,000円は差額で求めます。

まとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
仕入100,000前払金
買掛金
30,000
70,000

前払金の勘定の流れを実際の取引と合わせてイメージしておくと理解が深まります。

スポンサーリンク

【まとめ】前払金

  • 商品を受け取る前に代金を支払った場合は前払金という勘定科目を使って処理する
  • 「前払金」は商品を受け取る権利を意味する資産の勘定科目

コメント

タイトルとURLをコピーしました