【なぜ繰延資産】社債発行費等とは【会計処理をわかりやすく】

スポンサーリンク
  • 繰延資産を勉強していると社債発行費等っていう内容が出てきたんだけど……
  • 社債発行費等がなぜ資産になるのかよく分からない
  • 社債発行費等について教えて!

社債発行費は売却することも使用することもできないので、資産として計上する意味が分からないと感じる方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん社債発行費についても熟知しています。

この記事では社債発行費について解説します。

この記事を読めば社債発行費について理解できるので、簿記1級で社債発行費が出題されても自信を持って解答することができます。

結論を言うと、社債発行費は社債を発行するための費用です。社債発行費は支出時に費用として処理するのが原則ですが、社債の償還期間にわたって償却することも認められています。

スポンサーリンク

社債発行費:社債を発行するための費用

社債を発行するときには色々な費用がかかります。具体的には次のような費用があります。

  • 社債募集のための広告費
  • 金融機関や証券会社への取扱手数料
  • 目論見書の印刷費(目論見書…社債の説明書)

社債発行費は社債を発行するための費用です。社債発行費は支出時に費用として全額処理するのが原則です。

しかし、社債発行費には通常の費用とは違う2つの特徴があります。

  • 社債発行費は多額になることが多い
  • 社債発行費は社債を償還するまで効果が続く

この2つの特徴により、例外的な処理が認められることになります。

社債発行費は多額になることが多い

社債発行費は多額になることが多いです。場合によっては全額を1年目に費用として計上すると1年目の利益が吹っ飛んでしまうこともありえます。

そして2年目以降はきちんと利益が出続けることもありえます。

1年目から3年目までの社債発行費を除いた利益が各期1,000,000円、社債発行費が1,500,000円だった場合、支出時に費用として全額処理した場合を考えてみると、次のようになります。

  • 1年目…1,000,000円-1,500,000円=-500,000円(損失)
  • 2年目…1,000,000円
  • 3年目…1,000,000円

企業の経営成績は1年目から3年目までずっと同じはずなので、1年目だけ500,000円の赤字で、2年目から3年目まで1,000,000円の利益というのは適正だとは言いづらいところです。

社債発行費は社債を償還するまで効果が続く

社債を発行するための費用である社債発行費は、社債を償還するまで効果が続くと考えるのが理論的には正しいです。

そこで、社債の償還期間にわたって償却することも例外的に認められています。

スポンサーリンク

社債発行費の会計処理:原則は費用処理、例外的に社債の償還期間にわたって償却する

これまでの考え方から、次のような会計処理が行われることになります。

  • 支出時に全額を費用として処理する(原則)
  • 繰延資産に計上し、毎期償却を行う(例外)

社債発行費を繰延資産として計上した場合は、次の方法で処理します。

  • 残存価額…0
  • 月割償却
  • 定額法
  • 直接控除法(減価償却でいう直接法)
  • 最長償却期間…社債償還期間(覚えなければいけません)

基本的に無形固定資産と同じです。

ここまでは複雑化を避けるため「社債発行費」としてお伝えしてきましたが、正確には「社債発行費」です。「等」には「新株予約権」などが含まれます。

新株予約権は償還期間はないので「株式交付費」と同様に償却期間は3年です。償還期間以外の考え方は社債発行費と同じように考えて大丈夫です。

スポンサーリンク

社債発行費の仕訳

社債発行費の支払

例題

期首に経営規模拡大のために社債の発行により資金を調達することにした。新たに社債を発行するために要した費用1,500,000円を現金で支払った。社債発行費については例外処理を行う。

この例題の仕訳について考えてみましょう。

現金で1,500,000円支払っているので『(貸)現金1,500,000』となります。

次は借方です。社債を発行するために要した費用なので、社債発行費にあたります。よって『(借)社債発行費1,500,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
社債発行費1,500,000現金1,500,000

社債発行費の償却

例題

決算にあたり、上記の社債発行費を社債の償還期間5年で償却する

この例題の仕訳について考えてみましょう。

社債発行費は残存価額0の定額法なので償却すべき金額は(社債発行費1,500,000円÷償還期間5年=)300,000円となります。直接控除法で記帳することを踏まえると、仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
社債発行費償却300,000社債発行費300,000
スポンサーリンク

【まとめ】社債発行費:社債を発行するための費用

社債発行費は社債を発行するための費用です。

社債発行費は支出時に費用として処理するのが原則ですが、償還期間にわたって償却することも認められています。社債発行費等の「等」に含まれる新株予約権の償却期間は3年です。

関連記事

コメント

  1. ワンニャ より:

    3級

    不安だらけな感じですが、あきらめずに頑張って来ますp(^-^)q

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      不安だらけでも何とかなることもあります。あきらめずに最後までがんばってきてください。最後のがんばり応援しています。

  2. すーさん より:

    自信ないですが

    時間が取れなかったなんて言い訳ですが、頑張りきれてないのは事実。
    何とか出来るところまで。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      出来るところまでやりましょう。たとえ今回だめだったとしても、今回最後までやりきった経験は次回以降にも大きく影響してきます。

      できるところまでがんばりましょう。最後のがんばり応援しています。

  3. すーこ☆ より:

    頑張ります~!
    ケアレスミスをしないように、頑張りますv

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      試験がんばってきてください。ケアレスミスに気をつけて入れば結果もついてくると思います。落ち着いて実力を出し切りましょう。

      がんばってきてください。応援しています。

  4. たけ より:

    一点でも多く点数を取ってきます

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      一点でも取ってくる姿勢はすごく大切です。その気持ちを試験中しっかりと持てれば結果はきっと大丈夫です。

      試験本番がんばってきてください。応援しています。

  5. ぬこ より:

    最後までbestを尽くしてきます。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      最後までベストを尽くしてきてください。ベストを尽くせば結果も一番出やすいですから。

      ご健闘を祈ります。がんばってきてください。

タイトルとURLをコピーしました