株式を上場するメリットとデメリット

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

ビジネスを始めた場合、通常は規模が大きくなるにしたがって「個人事業主→非上場会社→上場会社」と発展していきます。この「上場会社」まで大きくなればビジネスは大成功だと一般的には考えられています。

ですが、現実には「上場していたのにわざわざ非上場に戻す場合」や「上場できる条件を満たしているのに上場しない場合」が多くあります。ということは上場することによるデメリットもかなりあるということです。

この記事では上場会社になるメリットとデメリットについて解説します。

株式を上場するメリット

株式を上場するメリットは大きなものとして次の3つが考えられます。

  • 投資家は株式上場益を得られる
  • 資金調達をしやすい
  • 知名度が上がり、信用が得られる

投資家は株式上場益を得られる

株式を上場するときには、その株式を持っている投資家が株式市場に株式を売り出すことになります。このときの売却価格は投資したときと比べると非常に高くなっていることがほとんどです。なので上場によって、それまで投資していた投資家は巨額の利益を得ることになります。

資金調達をしやすい

株式を上場していると、その株式は株式市場で売却することができるので、投資家に投資してもらえやすいといえます(非上場の場合は自分で買い手を見つけなければなりません。)。そのため、増資による資金調達は上場会社の方が圧倒的に行いやすいといえます。

知名度が上がり、信用が得られる

株式市場に上場していると、株式関係のテレビ番組や新聞の株式欄などで会社の名前が表示されます。これは無料で会社を宣伝してもらっているのと同じことだと言えます。

また、上場企業だということで評判もよくなり、優秀な学生を集めやすいというメリットもあります。

株式を上場するデメリット

株式を上場することはメリットばかりではありません。デメリットもあります。デメリットは大きなものとして次の2つが考えられます。

  • 意思決定に時間がかかる
  • 上場を続けるだけでコストがかかる

意思決定に時間がかかる

上場すると様々な人が株主になります。意思決定には株主総会の決議が必要なものも多くあるため、株主が多ければ多いほど結果の予測が難しくなります。そのため、企業の経営に改革が必要な場合、上場している状態は不便だといえます。

上場を続けるだけでコストがかかる

上場を続けるためには「会計監査人の監査」が必要です。これには億単位のコストがかかります。また、このコストは年々増えている傾向にあります。

メリットとデメリットの検討

株式の上場にはこのようなメリットとデメリットがあります。なので「コストを支払っても資金調達を行ったり、株式上場益を得たい会社」は上場を選択するでしょう。

しかし「資金調達が必要ない会社」や「スムーズに改革を行いたい会社」は上場しておくデメリットの方が目立ってくるので上場をやめることも考える かもしれません。

ちなみに、一度上場した会社を非上場に戻す方法としては「MBO(経営者が株式を買い集める方法)」や「LBO(従業員が株式を買い集める方法)」などがあります。

上場自体について簿記検定で問われることはありませんが、このようなことも知っておくと理解が深まると思います。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ