「資本」と「株主資本」と「純資産」の違い

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。商業簿記2級のこれまでの記事では資本という言葉を次の2通りの意味で使ってきました。

  • 所有者が持っている部分(個人事業主の場合は事業主、株式会社の場合は株主が所有者にあたります)
  • 資産のうち誰にも返さなくていい部分(資産-負債)

商業簿記2級のこれまでの記事ではこれら2つを同じものとして取り扱ってきました。「資産(企業にある物や権利)-負債(資産を引き渡す義務)=資本(引き渡す必要がない資産、つまり所有者の持分)」と考えても特に問題がなかったからです。

しかし、「非支配株主持分」が出てくると、このように言い切ることができなくなってきます。非支配株主持分は「引き渡す必要がないにも関わらず、所有者の持分ではないもの」だからです。

そこでここからは、これまで同じものだと考えてきた先ほどの2つの「資本」について、次の2つの言葉を当てはめておいてください。

  • 株主(所有者)が持っている部分:株主資本
  • 資産のうち誰にも返さなくていい部分(資産-負債):純資産

言葉の定義をこのように切り替えておいてください。

ちなみに、これまで出てきた「引き渡す必要がないにも関わらず、所有者の持分ではないもの」つまり「純資産ではあるが株主資本ではないもの」は「その他有価証券評価差額金」と「非支配株主持分」です

このページを読まれた方にお勧めの記事はこちら

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ