純資産と資本の違い

商業簿記2級
スポンサーリンク
純資産と資本の違いを知りたい人
純資産と資本の違いを知りたい人

純資産と資本って何が違うんだろう。同じような意味で使われているような気がするけど、完全に同じってことはないよね。純資産と資本の違いを知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

この記事は「このサイトでこれまで資本という言葉を使ってきた理由」から説明しています。この記事から読んでいる人は目次にある「純資産と資本の違い:結論」をクリックすると直接「純資産と資本の違い」が分かります。
スポンサーリンク

純資産と資本の違い

商業簿記2級のこれまでの記事では資本という言葉を次の2通りの意味で使ってきました。

  • 所有者が持っている部分(個人事業主の場合は事業主、株式会社の場合は株主が所有者にあたります)
  • 資産のうち誰にも返さなくていい部分(資産-負債)

商業簿記2級のこれまでの記事ではこれら2つを同じものとして取り扱ってきました。「資産(企業にある物や権利)-負債(資産を引き渡す義務)=資本(引き渡す必要がない資産、つまり所有者の持分)」と考えても特に問題がなかったからです。

しかし、「非支配株主持分」が出てくると、このように言い切ることができなくなってきます。非支配株主持分は「引き渡す必要がないにも関わらず、所有者の持分ではないもの」だからです。

スポンサーリンク

純資産と資本の違い:結論

そこでここからは、これまで同じものだと考えてきた先ほどの2つの「資本」について、次の2つの言葉を当てはめておいてください。

  • 株主(所有者)が持っている部分:株主資本
  • 資産のうち誰にも返さなくていい部分(資産-負債):純資産

言葉の定義をこのように切り替えておいてください。これが正確な定義です。

ちなみに、これまで出てきた「引き渡す必要がないにも関わらず、所有者の持分ではないもの」つまり「純資産ではあるが株主資本ではないもの」は「その他有価証券評価差額金」と「非支配株主持分」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました