純資産と資本とは【意味の違いを解説】

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していると純資産と資本っていう言葉が出てくるんだけど……
  • 純資産と資本の違いが分からない
  • 純資産と資本の違いについて教えて!

純資産という言葉と資本という言葉は同じような文脈で使われることから、純資産と資本の違いがよく分からないと悩んでしまう方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん純資産と資本の違いについても熟知しています。

この記事では純資産と資本の違いについてわかりやすく解説します。

この記事を読めば純資産と資本の違いについてより深く理解できるので、簿記2級で純資産や資本に関する用語が出てきても自信を持って解答することができるようになります。

結論を一言で言うと、純資産とは資産と負債の差額のことで、資本とは所有者(株主)が保有している部分のことです。

スポンサーリンク

純資産は資産-負債、資本は株主の持分

簿記3級では次の2つのどちらも「資本」という言葉で表すことが多いです。

  • 所有者(株式会社の場合:株主)が持っている部分
  • 資産のうち誰にも返さなくていい部分(資産-負債)

全ての学習教材にあてはまるわけではありませんが、多くの学習教材ではこのようになっています。

このブログ(暗記不要の簿記独学講座)でもこのような形でお伝えしています。

簿記3級を勉強しているときは「資産(企業にある物や権利)-負債(資産を引き渡す義務)=資本(引き渡す必要がない資産、つまり所有者の持分)」と考えても特に問題がなかったからです。

しかし、簿記2級の連結会計のところで「非支配株主持分」が出てくると、「資産-負債=資本」と言い切ることができなくなってきます。

非支配株主持分は「引き渡す必要がないにも関わらず、所有者の持分ではないもの」だからです。

スポンサーリンク

【まとめ】純資産と資本とは【意味の違いを解説】

非支配株主持分という言葉が出てきたタイミングで次のように言葉の定義を切り替えてください。

  • 株主(所有者)が持っている部分:(株主)資本
  • 資産のうち誰にも返さなくていい部分(資産-負債):純資産

資本は純資産に含まれます。資本だけれど純資産ではないものは「非支配株主持分」以外に「その他有価証券評価差額金」があります。

関連記事

商業簿記2級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました