資金繰りが悪化する6つの原因とその対策

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

経理が必ず意識しておかなければならないのが資金繰りです。資金繰りがうまくいかず、資金ショートを起こしてしまうと企業は倒産してしまうからです。この記事では資金繰りが悪化する原因とその対策についてお伝えします。

資金繰りが悪化する6つの原因とその対策

資金繰りが悪化する原因は千差万別ですが、大きく分けると次のようになります。

  • 売上債権の増加
  • 在庫の増加
  • 設備投資のしすぎ
  • 売上債権と支払債務の入出金までの期間のバランスの悪化
  • 収益の減少
  • 費用の増加

売上債権の増加

売掛金や受取手形などの売上債権が増加することで資金繰りが悪化します。売上債権が伸びているということは売上が伸びているということで、一概に悪いことだとは言えないのですが、売上高の増加ペースと比べて売上債権の増加ペースが大きい場合は注意が必要です。

売上を上げたいがために強引に販売契約を結んでいたり、資金力が乏しい販売先が増えていることで代金回収が滞っている可能性があります。また、あまり考えたくはないのですが自社が「循環取引」などの粉飾を行っていることもありえます。

循環取引

逆に売上高の増加に伴って売上債権が増加しているのであれば特に問題はありません。しかし、必要な運転資金が増加することは間違いありませんので、何らかの方法で資金を調達する必要があります。

在庫の増加

在庫が増加することで資金繰りが悪化します。在庫という形で現金が滞留してしまうからです。

売上高が増加すれば必要な在庫も増えるので、売上高の増加ペースと同じ程度の増加なら問題ないのですが、売上高の増加ペースと比べて在庫の増加ペースが大きい場合は注意が必要です。

商品の人気が落ちることで売上が落ちていたり、需要以上に製造や仕入を行っている可能性があります。

逆に売上高の増加に伴って在庫が増加しているのであれば特に問題はありません。しかし、必要な運転資金が増加することは間違いありませんので、何らかの方法で資金を調達する必要があります。

設備投資のしすぎ

最近はあまりないのですが、バブル期のように景気がいいときなどに需要を過大に見積もり設備投資をしすぎることがあります。

設備投資はしてしまった後に取り消すことはできませんので、対策は困難です。とにかく投下資金の一部でも回収するために損を承知で売却するか、その設備を何とか他の製品の製造に流用するか、状況に応じた対応を行います。

売上債権と支払債務の入出金までの期間のバランスの悪化

売上債権の回収期間が長くなり、支払債務の支払期限が短くなったときに資金繰りが悪化します。売上債権の回収期間や支払債務の支払期限は業種・業態により有利不利があるので対策そのものが難しいという面もあります。

ただ、「自社の交渉力や信用力」が弱まると、売上債権は待たされ、支払債務は待ってもらえなくなる傾向があります。なので自社の交渉力や信用力を普段から高め、落とさないように心掛けておく必要があります。

また、ケースバイケースですが、場合によっては売上債権の回収期間が長い取引や支払債務の支払期限が短い取引そのものをやめる判断も必要です。

収益の減少

売上などの収益が減少することで入ってくる現金が減少します。当然資金繰りは悪化します。

収益の減少については経理だけで対策することはまず不可能です。企業が一丸となって収益力を高める必要があります。

費用の増加

費用が増加することで、現金の支出が増加し、資金繰りが悪化します。経理は無駄な経費が使われていないかをチェックし、無駄な費用をなくしていくことが必要です。

このように、一口に資金繰りが悪化するといっても原因は色々あります。原因が違えば対策も違ってきます。経理は資金繰りだけは絶対にミスがないように日々の業務を行っていかなければなりません。

また、資金繰りが悪化した後の対策は当然ですが、悪化しないように普段からリスク管理をしておくことも重要です。

簿記を勉強している段階から、こういったことを意識しておくことで経理に就職もしやすいですし、経理に就職したあともスムーズに業務を行うことができます。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ