金融手形に関わってはいけない

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では金融手形について解説します。

簿記検定では普通に出てくる金融手形だけど…

簿記検定では比較的頻繁に金融手形取引が出題されます。しかし、現実では金融手形取引を行うのは極めて危険です。危険ではない場合もあるのですが、金融手形取引を行っている企業はたいていは資金繰りに苦しんでいるからです。

そもそも資金繰りに余裕があれば金融手形を振り出す必要がありません。

実務では次のようなことは半ば常識だと言えます。

  • 金融手形を振り出している企業は危険
  • 金融手形には関与しない
  • 金融手形に関与している取引先とは慎重に付き合う(できれば付き合わない)

金融手形のいくつかのパターン

金融手形と言っても、いくつかの取引のパターンがあります。パターンというよりフェーズ(段階)と言った方がいいかもしれません。

金融手形は企業の資金繰りが深刻になるにつれて、今までの方法では手形を受け取ってくれなくなっていくのです。金融手形のフェーズの進行は企業倒産のフェーズの進行と言ってもいいくらいです。

金融手形の第一フェーズ:手形借入

手形借入

  1. 手形を自分で振り出して、その手形を金融機関などに持ち込んで割り引く
  2. 手形が満期になるまでに当座預金に手形の額面金額を入金し、手形を決済する

このような形で行われる取引を手形借入と言います。取引の内容としては普通の借入金と特に変わらないため、この手形借入の段階はそれほど危険ではありません。

ただし、手形借入は普通の借入金と特に変わらないとはいっても違いはあります。主な違いは次の3つです。

  • 手形不渡りという心理的なプレッシャーのために優先的に返済されることが期待される
  • 貸主はその手形を割り引くことができるので資金化が簡単
  • 比較的短い貸付期間

金利などの他の要因も考える必要はありますが、全体的に貸す側に有利です。そして貸す側に有利ということは借りる側に不利だということです。

借りる側に不利だということは、借りる側としては手形で借りるより借用証書で借りたいということです。借用証書で借りたいにもかかわらず手形で借りているということは借用証書では借りられないという状況だと考えられます。

貸す側としては、資金繰りが悪化しているので借用証書では危なくて貸せないのです。

このように考えると、やや借りる側は資金繰りが悪化していることが見えてくると思います。

金融手形の第二フェーズ:交換手形

手形借入の場合は手形の振出人が金融機関に手形を持ち込むことになります。

この手形の振出人欄には手形を持ち込む企業と同じ企業が書かれているため、手形の振出人欄を見ればすぐに金融手形だと分かってしまいます(通常の約束手形であれば、このようなことは起こりません)。

当然、資金繰りに困っていることにも気づかれます。そのため、手形借入を繰り返し行うと、危険を感じた金融機関に断られる場合が出てくるのです。

そこで、フェーズ2である交換手形に移行します。ちなみに、このフェーズ2を実行するためには自分と同じような状況の企業に協力してもらわなければなりません。

交換手形

  1. 現金が必要な企業同士が手形を交換する
  2. それぞれが金融機関などに受け取った手形を持ち込んで割り引く
  3. 手形が満期になるまでに当座預金に手形の額面金額を入金し、手形を決済する

交換手形はこのような形になります。このような形にすることで、振出人と金融機関に持ち込む企業が別になります。

結果、金融手形だと分かりにくくなるのです。

ちなみに、交換手形は一方が支払を怠った場合にはもう一方の支払義務がなくなるという契約を結んでいる場合が多いです。

しかし、このあたりは非常に複雑で、法的にも見解が分かれているところもあるため、相手が支払を怠った場合でも支払義務がなくなったことを手形の受取人に主張できるかどうかは微妙です。

ということは、最悪の場合、自分が振り出した手形を決済しつつ、相手が振り出した手形も決済しなければならなくなることもありえます。資金繰りが厳しいところでこんなことができるはずもなく、まず間違いなく倒産でしょう。

交換手形は片方が倒産するともう片方も倒産する可能性がある危険な状態なのです。交換手形に手を出している時点でもう後戻りはできないと言ってもいいと思います。

金融手形の第三フェーズ:典型的融通手形

最初は手形借入や交換手形で資金を調達するのですが、資金繰りがさらに悪化してくると金融機関が手形を割り引いてくれなくなります。「○○会社が振出人の手形は割り引きません」といった内容のことを言われるのです。

こう言われてしまうと手形借入はおろか、交換手形も使えません。交換相手の企業が金融機関に手形を持ち込んだときに割り引いてもらえないからです。

ちなみに手形を割り引いてくれなくなっている企業というのは、もういつ倒産してもおかしくない状態です。しかし、この状態でも何とかして資金を調達しないと明日にでも倒産してしまいます。そこで第三フェーズである典型的融通手形に移行します。

この第三フェーズは、振り出した手形を金融機関が割り引いてくれる程度の信用がある企業に協力してもらわなければ実行できません。

融通手形

  1. 現金が必要なAが信用のあるBから手形を受け取る(通常はこのタイミングで手数料を支払う)
  2. その受け取った手形を金融機関などで割り引く
  3. 満期日までに手形の額面金額をBに支払う
  4. 満期となり手形が決済される

典型的融通手形はこのような形になります。

この融通者は親会社であったり、取引先であったり、無関係であったりします。

親会社や取引先の場合は無償で行ってくれる場合もごくまれにありますが、無関係の場合にはかなり高い手数料が発生するようです。

融通手形そのものが回収可能性に問題がある手形のため、通常の手数料では誰も協力してくれません。そのため、手数料は高額になります。

この段階の手形は危険きわまりない状況です。もういつ倒産してもおかしくないです。完全に延命措置のような資金繰りです。倒産するのは時間の問題です。

金融手形のフェーズについて

この手形のフェーズは絶対のものではありません。自分と同じような状況の企業が見つからなかった場合、第一フェーズから第三フェーズに移行することも考えられます。

他にも様々なケースが考えられるため、この通りに進行しない場合も多々あります。あくまで目安程度にお考え下さい。

少々暗い内容になってしまいました。手形とは本来非常に取扱いに注意を要するものです。実務でお使いの方はくれぐれも慎重に取り扱って下さい。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ