手形に含まれる利息の考え方と会計処理

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では手形に含まれる利息の考え方について解説します。

手形に含まれる利息について

手形の割引とは次のような取引です。

手形の受取

借方 金額 貸方 金額
受取手形 1,000,000 売上 1,000,000

手形の割引

借方 金額 貸方 金額
当座預金
手形売却損
980,000
20,000
受取手形 1,000,000

この仕訳から、手形の割引という取引は次のように考えていると言えます。

「手形売却損20,000円が割引時から満期日までの利息なので、売上の時点で売上1,000,000円の中に利息20,000円が含まれていることになる」

この記事では、この考え方が本当に適切なのかについて考えてみたいと思います。

手形に含まれた利息

「売上の時点で売上1,000,000円の中に利息20,000円が含まれていることになる」と考えるのであれば、売上という収益の中にまだ期間が経過していない利息(未収利息)が含まれていることになるので、次のように仕訳を修正しなければなりません。

手形の受取

借方 金額 貸方 金額
受取手形 1,000,000 売上
前受利息
980,000
20,000

手形の割引

借方 金額 貸方 金額
当座預金
前受利息
980,000
20,000
受取手形 1,000,000

このような処理を行うと、手形売却損という勘定科目が出てこないことが分かります。手形を受け取った時に認識した前受利息と手形売却損が相殺される形になるからです。

もし手形割引を行わなければ手形の満期日には次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金
前受利息
1,000,000
20,000
受取手形
受取利息
1,000,000
20,000

会計学的には、こちらの会計処理の方が理にかなっているといえます。しかし、このような会計処理は行いません。理由は次の3つです。

  • 日本では「現金販売」と「手形販売」で別の価格を設定することがほとんどない(手形販売に利息を上乗せしない)
  • 計算が煩雑
  • 利息にあたる金額が少ない

これらの理由により、手形売却損が計上される方の仕訳が採用されているのです。

この仕訳のように、簿記検定で登場する仕訳は深く考えると理論的に矛盾があるように感じる場合もあると思います。そういった場合は「実際に行うことが現実的に可能なのか」「手間をかけるだけの意味があるのか」と考えると答えが見つかる場合があります

会計学は純粋な理論だけから成り立つ学問ではなく、実際に使うことを想定した実務色の強い学問なので、そういった視点も持っておくと理解しやすいと思います。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ