仮受金の仕訳

簿記3級
スポンサーリンク
  • 簿記を勉強している理由が定かではないけど資産を受け取った取引が出てきたんだけど……
  • 理由は分からないけれど資産を受け取ったときにどう仕訳したらいいのか分からない
  • 仮受金の仕訳について教えて!

金額や相手勘定科目が未定の状態で資産を受け取った場合、ついそれらしい勘定科目だと決め付けて仕訳を切ってしまうケースが非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん仮受金についても熟知しています。

この記事では仮受金について解説します。

この記事を読めば仮受金という勘定科目の使い方が理解できます。簿記3級の試験でも自信を持って解答できるようになります。

結論を言うと、理由は分からないけれど資産を受け取った場合は仮受金という勘定科目を使います。仮受金は金額や相手勘定科目が判明するまで一時的に使う勘定科目です。

スポンサーリンク

仮受金

帳簿に記入するときには必ず領収書などの証拠に基づいて記入しなければいけません。普通はその際に勘定科目や金額は特定できるはずです。

しかし、現金などを受けとったけれど勘定科目や金額が特定できない場合もあります。従業員がとりあえず出張先から入金したが、詳細の報告はまだ受けていない場合などです。

勘定科目は金額が確定していない場合、勘定科目や金額が確定するまで仮受金勘定で記帳しておきます。そして勘定科目と金額が明らかになったら勘定を振り替えます。仮受金勘定も仮払金勘定同様、仮勘定です。

仮受金勘定は負債の勘定です。仮受金勘定は勘定科目や金額が特定できていないだけで現金などを受け取っているのは事実です。受け取ってはいるのですが、不明な入金を収益とするわけにはいきません。入金そのものが誤りであれば返さなければならないからです。

そこで、返さなければならない義務が発生したと考えます。このように考えると仮受金は負債の勘定だと理解しやすいと思います。

スポンサーリンク

仮受金の仕訳

仮受けをした

「出張中の従業員から当座預金口座に80,000円の振込みあったが、その詳細の報告はまだ受けていない」場合の仕訳を考えてみましょう。

当座預金口座に振込みがあったので『(借)当座預金80,000』となります。

問題は貸方です。この80,000円の詳細が全く分かりません。そこで仮勘定である仮受金勘定で処理しておきます。『(貸)仮受金80,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
当座預金80,000仮受金80,000

仮受金の詳細の報告を受けた

「出張していた従業員から当座預金口座に振り込んだ80,000円は売掛金の回収だという報告を受けた」場合の仕訳を考えてみましょう。この仕訳は上記の仮受けの続きになります。

仮受金として記帳していた80,000円が売掛金の回収だと判明しました。そこで一時的な勘定である仮受金を正確な仕訳に修正します。まず仮受金として記帳していた80,000円を消すために『(借)仮受金80,000』とします。

そして、売掛金の回収は資産の減少なので貸方に記入します。『(貸)売掛金80,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
仮受金80,000売掛金80,000

仮払金のときと同様、この一連の仕訳の流れを整理しておきましょう。

上記2つの仕訳をまとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
当座預金80,000売掛金80,000
  • 仮受金勘定がなくなっていること
  • 最初から売掛金を回収したと分かっていたときと同じ仕訳になること

上の2つを確認しておいてください。

スポンサーリンク

【まとめ】仮受金

  • 理由は分からないけれど資産を受け取った場合は仮受金という勘定科目を使う
  • 仮受金は負債の勘定科目である
  • 仮受金は金額や相手勘定科目が判明するまで一時的に使う勘定科目である
関連記事
簿記3級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました