預り金の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では預り金の取引と仕訳について解説します。

預り金

取引先や従業員などから一時的に現金などを預かるときがあります。その際には預り金勘定を使います。

預かっている現金などは自分のものではありません。いずれ返すことになります。いずれ返さなければならない義務なので負債の勘定となります。

預り金の取引と仕訳

所得税を差し引いて給料を支払った

「従業員の給料総額500,000円から源泉所得税100,000円を差し引き、残り400,000円を現金で支払った」と場合の仕訳を考えてみましょう。

給料という費用が500,000円発生しているので、『(借)給料500,000』となります。

また、現金で支払っているので、『(貸)現金400,000』となります。

あとは貸方に不足している100,000円です。本来所得税というものは給料をもらっている人が納めるものです。しかし日本では所得税は企業が預かって代わりに納めようになっています。

というわけで、この源泉所得税は預り金になります。預り金という負債の勘定が増加するので『(貸)預り金100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
給料 500,000 現金
預り金
400,000
100,000

源泉所得税を納付した

「従業員から預かっていた源泉所得税100,000円を現金で納付した」場合の仕訳を考えてみましょう。上記の取引の続きになります。

現金で納付しているので『(貸)現金100,000』となります。また、この納付により預り金を返す義務もなくなります。負債が減少するので借方に記入します。よって『(借)預り金100,000』です。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
預り金 100,000 現金 100,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ