株式の発行の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では、株式の発行の取引と仕訳について解説します。

株式の払込金額の処理

株式の発行という取引では、株式の発行によって払い込まれた金額の処理が問題になります。株式の払込金額の改易処理については原則と例外があります。

株式の払込金額の処理(原則)

株式会社は払込金額の全額を資本金とするのが原則的な処理になります。そもそも株式を発行する目的は事業に必要な資金を調達するためです。

事業に必要な資金を借入ではなく自力で準備した場合には資本金として処理するのが合理的です。よって、この処理が原則となっています。

株式の払込金額の処理(例外)

株式会社は発行した株式の発行価額の全額を資本金として処理することが原則ですが、会社法では発行価額の2分の1までは資本金にしないことも認められています資本金として処理しない場合は資本準備金として処理します

簿記検定試験では「会社法で認められる最低額を資本金に組み入れる」という指示があった場合は例外処理を行います

株式の発行の取引と仕訳

株式の発行(原則)

「会社設立にあたり、発行可能株式総数40,000株の4分の1を1株800円で発行し、払込金は当座預金とした。なお、払込金額の全額を資本金とする。」場合の仕訳について考えてみましょう。

まず、発行株式数を計算します。40,000株の4分の1を発行しているので、(40,000株÷4=)10,000株となります。

次に払込金額を求めます。これを1株800円で発行しているので、(10,000株×800円=)8,000,000円となります。これを当座預金としているので『(借)当座預金8,000,000』となります。

また、払込金額の全額を資本金とするとあるので、『(貸)資本金8,000,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 8,000,000 資本金 8,000,000

株式の発行(例外)

「会社設立にあたり、発行可能株式総数40,000株の4分の1を1株800円で発行し、払込金は当座預金とした。なお、会社法で認められる最低額を資本金に組み入れるものとする。」場合の仕訳について考えてみましょう。

まず、発行株式数を計算します。40,000株の4分の1を発行しているので、(40,000株÷4=)10,000株となります。

次に払込金額を求めます。これを1株800円で発行しているので、(10,000株×800円=)8,000,000円となります。これを当座預金としているので『(借)当座預金8,000,000』となります。ここまでは原則処理と同じです。

ここからが違います。例文に会社法で認められる最低額を資本金に組み入れるものとするとあります。会社法では払込金額の2分の1までを資本金としないことが認められています

ということは会社法で認められる資本金の最低額は(8,000,000円÷2=)4,000,000円ということになります。よって、『(貸)資本金4,000,000』となります。

また、払込金額のうち資本金としなかったものについては資本準備金という勘定科目で処理します。よって『(貸)資本準備金4,000,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 8,000,000 資本金
資本準備金
4,000,000
4,000,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ