予約販売の仕訳

商業簿記2級
予約販売の仕訳について知りたい人
予約販売の仕訳について知りたい人

簿記を勉強していると予約販売っていう取引が出てくるんだけど、どういう取引なのかな。仕訳はどうしたらいいのかな。予約販売について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

予約販売

得意先から先に予約金(前受金)を受け取って、後日商品を引き渡す販売方法を予約販売といいます。かなり一般的な販売形態で、コンサートのチケットの販売などで行われています。

簿記3級で学習した前受金勘定とほとんど同じ

簿記3級で前受金勘定を学習しました。実は予約販売は前受金勘定を使う場合とほとんど同じになります。

簿記3級で学習した前受金勘定を使うのはただ前もって代金を支払ったのですが、予約販売では最初から前払いするという契約になっています。その点で異なりますが、それ以外は同じです。

予約販売の仕訳

予約金の受け取り

「予約金を150,000円を現金で受け取った」場合の仕訳を考えてみましょう。

現金150,000円を受け取っているので、『(借)現金150,000』となります。

次は貸方です。商品の引渡しを行っているのであれば売上勘定で全く問題ないのですが、この場合は予約金として受け取っているだけです。商品を引き渡していない段階で売上勘定を使用できません。前受金勘定を使用します。よって『(貸)前受金150,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
現金150,000前受金150,000

実際に商品を売上

「商品を引き渡した。なお、この商品の代金150,000円分はすでに予約金として受け取っている」場合の仕訳を考えてみましょう。

商品を引き渡したので、ここで売上が発生します。商品150,000円分売上げたので、『(貸)売上150,000』となります。

貸方についてですが、先に予約金として代金を受け取っています。前もって受け取った商品代金を表す前受金勘定が減少するので、『(借)前受金150.000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
前受金150,000売上150,000

コメント

タイトルとURLをコピーしました