剰余金の処分(役員賞与)の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では剰余金の処分(役員賞与)の取引と仕訳について解説します。

剰余金の処分(役員賞与)

利益の獲得に貢献した役員に利益の一部をボーナスとして支払うことがあります。このボーナスを役員賞与といいます。

従業員への賞与は賞与という費用です。そう考えると、役員賞与も性質としては費用になります

費用ならば株主総会で利益処分として処理するのではなく、他の費用と同じように決算などで処理しておく方が適正だとも考えられます。しかし、役員賞与は従業員への賞与とは違う手続きが必要になります。

従業員への賞与は株主の同意なしに決めることができますが、役員賞与は株主に同意してもらわなければ支払うことができません。役員賞与の金額を決めるのは役員だからです。

役員賞与の金額を決めるのが役員だということは、自分の賞与を自分で決めているということになります。このようなことを認めてしまうと、役員は自分の賞与なのでできるだけ多くしようとするでしょう(これをお手盛りといいます)。

これでは本来株主のものである利益が不当に役員に支払われてしまいます。そこで定款に一定の定めがある場合を除いて、役員賞与については株主総会で株主の同意を得る必要があるのです。

つまり、株主総会で株主に認めてもらわなければ賞与として支払うことはできないということです。

このような理由から、株主総会で株主の同意を得る必要があるため、役員賞与は性質としては費用なのに株主総会で剰余金の処分(役員賞与)の取引と仕訳処分と一緒に決定します。

仕訳としては、一般的には役員賞与を見積ったときには引当金として計上しておいて、株主総会で役員賞与が認められた時点で債務として確定するという処理を行います引当金を取り崩す形で剰余金の処分とするのです。

剰余金の処分(役員賞与)の取引と仕訳

役員賞与を見積った

「決算において、当期の役員賞与を800,000円と見積った。なお、当社は株主総会において役員賞与の支給に関する議案の承認を受けることとしている。」場合の取引と仕訳について考えてみましょう。

当期の役員賞与を800,000円と見積っています。この例では役員賞与は株主総会の承認を受けなければならないため、決算の時点ではまだ確定はしていません。

そこで確定した債務を表す「未払役員賞与」ではなく引当金である「役員賞与引当金」という勘定科目を使います。よって、『(貸)役員賞与引当金800,000』となります。

また、役員賞与引当金を800,000円繰り入れているので、『(借)役員賞与引当金繰入800,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
役員賞与引当金繰入 800,000 役員賞与引当金 800,000

株主総会で承認を受けた

「上記の役員賞与の議案が株主総会で承認された」場合の仕訳について考えてみましょう。

決算時に役員賞与引当金800,000円を計上しています。株主総会で承認されたので、費用として確定します。そこで、引当金である「役員賞与引当金」を確定した債務を表す「未払役員賞与」に振替えます。よって次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
役員賞与引当金 800,000 未払役員賞与 800,000

役員賞与の支給

「上記の株主総会で承認された役員賞与800,000円を現金で支払った」場合の仕訳について考えてみましょう。

現金で800,000円支払っているので、『(貸)現金800,000』となります。

また、実際に現金で支払ったので、負債である未払役員賞与が減少します。よって『(借)未払役員賞与800,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未払役員賞与 800,000 現金 800,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

“剰余金の処分(役員賞与)の取引と仕訳” への6件のフィードバック

  1. ゴンドラマスター より:

    【合格率】発表

    「129回」の合格率がでました

    なんと・・・「3級」【49.8%】、「2級」【44.5%】でした

    40%超えなんて驚きました

    予想では35%以上とか言われてましたが蓋を開けてみると過去最高に近い数字でした

    しかし喜んでばかりはいられません

    「2級」の過去データによると43.1%→25.5%、40.0%→21.5%、42.5%→29.2%、40.8%→33.2%、46.9%→27.5%という具合に40%を超えると次の回の合格率が【激減】しているのです

    いまわしいですが【事実】です

    ですから来年の2月検定では「2級」はかなり厳しい合格率が予想されます

    以上合格率発表&分析でした

    • dokuboki より:

      今回の合格率が高いことは予想していましたが、予想以上に高いですね。特に簿記2級で44.5%は私の記憶にはないほど高いです。

      次回は厳しいかもしれませんね。しかし、そういうときに合格できると大きな自信になります。今やるべきことをきちんとやることが大切ですね。

  2. Tommy より:

    早速三級一日目から八日目まで、リンクも読ませてもらいました!すごくわかりやすかったです☆参考書で勉強してるのである程度頭に入ってましたが、確認もできたし、また、表の作り方はまだ参考書で読めてなかったので全体像が掴めたように思います!
    小さな子がいる中で、なかなか思うように集中できないのですが、大学を出て半年で妊娠、退職、結婚をし、社会人経験が乏しい身分です。
    しかし事務の仕事をしてみたいのです。
    不利な状況の中、簿記の資格がないに越したことはないと思うので、頑張ります!!
    これからも参考にさせてください。
    長文失礼しました。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      このブログは分かりやすさを常に心がけて作成しているので、分かりやすいと言って頂けてとても嬉しいです。

      簿記の勉強がんばってください。私もTommyさんの参考になる記事を作成できるようにがんばります。

  3. etoile より:

    リョウさんへ

    いつもブログを拝見しております。
    少し遅れましたが、ご報告があります。
    無事に3級合格しました。
    試験勉強中にはリョウさんの解説に私はとても助けられました。
    ありがとうございます。

    次は2級取得に向けて勉強します。
    これからもご教授のほどよろしくお願い致します。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      合格おめでとうございます。お役に立てたようで何よりです。

      簿記2級取得目指してがんばってください。私も良質の記事が更新できるようにがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ