GT(グランドトータルキー)の使い方

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事ではGT(グランドトータルキー)の使い方について解説します。

GT(グランドトータルキー)の使い方

GT(グランドトータルキー)は小計をいくつか求めたあとに、最終的に小計の合計を求めたい場合に使います

例えば、5+3、6×7、8-4、16÷2のそれぞれの答えを求めたあとに全体の合計を知りたい場合、[5][+][3][=][6][×][7][=][8][-][4][=][16][÷][2][=][GT]と押すことで、全体の合計が分かります。

  1. [5][+][3][=]と押したあと8と出るので、その数値が小計
  2. [6][×][7][=]と押したあと42と出るので、その数値が小計
  3. [8][-][4][=]と押したあと4と出るので、その数値が小計
  4. [16][÷][2]と押したあと8と出るので、その数値が小計
  5. 最後に[GT]と押したら、8と42と4と8の合計である62が求まる

これで無駄なくそれぞれの知りたい数字を求めることができます。[=]の後に表示される数字の合計が[GT]を押すと表示されると考えると分かりやすいです。

この「小計全部を合計する機能」を使いこなせないと、小計を全てメモしてから足しなおさなければならないため、手間もかかるしミスも増えます。

この使い方を使いこなせるようにすることが重要です(メモリーキーを使う方法もありますが、ボタンの入力数の少なさを考えると、グランドトータルキーの方がお勧めです)。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ