自己指図為替手形(自己受為替手形)の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では特殊な為替手形の1つである自己指図為替手形の取引と仕訳について解説します。

自己指図為替手形

通常の為替手形

自己指図為替手形は、文字通り、自分が指図人でもある為替手形です

指図人は受取人と同じ意味なので、指図が受に変わって『自己受為替手形』とも言われます。

通常の為替手形は図で書くと右上のような形になります。

自己指図為替手形は、この図の振出人と指図人が同一人物になります。図で描くと右下の図のようになります。

自己指図為替手形(自己受為替手形)

自己指図為替手形を振り出す理由

自己指図為替手形はなぜ使われるのでしょうか。登場人物が二者なので、普通に約束手形を振り出せばいいとも言えそうです。しかし、自己指図手形を振り出すのにはきちんとした理由があります。次の2つです。

  • 売掛金を取引先からより確実に回収するため
  • 相手が手形帳を発行されていない場合に手形を受け取るため

売掛金を取引先からより確実に回収するため

理由の1つは「売掛金を取引先からより確実に回収するため」です。約束手形は代金を支払う側からしか振り出せません。相手が約束手形を振り出す意思がなければ手形を受け取ることはできないのです。手形を振り出してくれるよう頼むのが精一杯です。

それに比べて為替手形は「振出人=指図人」なので、受け取る側から手形を振り出すことができます。相手はこの為替手形を引き受けるだけです。この為替手形を引き受けないとはなかなか言えません。

約束手形を振り出すように頼むのと為替手形の引受けを頼むのとでは迫力が違うということです。

相手が手形帳を発行されていない場合に手形を受け取るため

もう1つの理由が、「取引相手が銀行から手形帳を発行されていない場合に手形を受け取るため」です。さきほどお伝えした通り、約束手形は代金を支払う側からしか振り出せません。代金を支払う側が手形帳を銀行から発行されていない場合、約束手形は使えません。

手形帳の発行の審査は当座預金口座開設の審査より厳しいです。手形は小切手より支払期日を先に延ばせるため、そのぶん企業の信用力が必要になります。取引相手の信用力が弱いと、審査に通らず手形帳を発行されないことがあります。

このような場合でも手形を受け取るためには自己指図手形を利用する必要があります。自己指図為替手形を振り出すのは当社なので、当社が手形帳を発行されていれば問題ありません。

ちなみに、相手が当座預金口座を開設していない場合は自己指図為替手形も事実上使えません。

自己指図為替手形の取引と仕訳

自己指図為替手形を振り出した

「A商店に対する売掛金500,000円分の回収として、同商店宛の為替手形を振り出して引受を得た」場合の当社の仕訳を考えてみます。

「売掛金500,000円分の回収として」為替手形を振り出したと例文にあります。この為替手形を振り出したということは、売掛金の回収という目的が達成できたということです。売掛金を回収するということは売掛金が減少するということなので『(貸)売掛金500,000』となります。

次は借方です。「為替手形」と問題文にあるのに指図人に対して何も書いてありません。引受けを得た為替手形を誰にも渡していないのです。この場合、文脈から自己指図為替手形と判断します。

自己指図為替手形の引受けを得たということは手形債権を得たということです。自己指図為替手形では「振出人=指図人」だからです。よって『(借)受取手形』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
受取手形 500,000 売掛金 500,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ