電卓の時間計算の使い方

電卓の使い方
電卓中級者
電卓中級者

電卓に「時間(時・分・秒)」っていうボタンがあるんだけど、これって時間を計算できるってことだと思うんだよね。電卓で時間が計算できたら便利だと思うんだけど、どう使ったらいいんだろう。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出しています。電卓についても相当に詳しい部類に入ると思います。そんな私が解説していきます。

電卓の時間計算の使い方

電卓の中には時間の計算ができる機能がついたものがあります。「時間(時・分・秒)」のようなボタンがあれば、時間計算ができる電卓です。

この時間計算の機能を使うと、例えば「8時25分36秒」から「14時36分12秒」まで何時間何分何秒あるのか計算することができます。

この具体例の計算方法は次の通りです。

  1. 「時間(時・分・秒)」のボタンを押す
  2. 電卓の表示画面に「時間」という文字が出ていることを確認する(出ていなければCAやCを押してからもう一度「時間(時・分・秒)」のボタンを押す)
  3. [1][4][時間][3][6][時間][1][2][時間]と押して「14時36分12秒」を入力する
  4. [-]を押す(この計算は時間の引き算だからです)
  5. [8][時間][2][5][時間][3][6][時間]と押して「8時25分36秒」を入力する
  6. [=]と押して計算結果を表示する(6-1036と表示されます。これは6時間10分36秒を意味しています)

これが電卓の時間計算の使い方です。簿記では全くといっていいほど使いませんし、普段もほとんど使わないと思いますが、知っておくと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました