電卓の時間計算の使い方

スポンサーリンク
  • 時間計算をしなければいけないのに電卓しかない……
  • 電卓を使って時間計算をする方法が分からない
  • 「8時25分36秒」から「14時36分12秒」まで何時間何分何秒あるのかを電卓で計算する方法を教えて!

電卓には時間計算という便利な機能がついているものがあります。しかし、電卓の使い方を勉強する機会はほとんどないので時間計算の使い方を知らない方が多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。電卓の使い方についても熟知しています。

この記事では電卓の時間計算の使い方について解説します。

この記事を読めばパソコンがなくても、電卓だけで「『○時○分』から『○時○分』まで何時間何分なのか」を計算することができるようになります。

結論を言うと、「14時36分12秒」まで何時間何分何秒あるのかを電卓で計算する場合、「時間」を押して時間計算モードにし、[14][時間][36][時間][12][時間][-][8時間][25][時間][36][時間][=]で求めることができます

スポンサーリンク

電卓の時間計算の使い方

電卓の中には時間の計算ができる機能がついたものがあります。「時間(時・分・秒)」のようなボタンがあれば、時間計算ができる電卓です。

時間計算の機能を使うと、例えば「8時25分36秒」から「14時36分12秒」まで何時間何分何秒あるのか計算することができます。

「8時25分36秒」から「14時36分12秒」まで何時間何分何秒あるのか計算する方法は次の通りです。

  1. 「時間(時・分・秒)」のボタンを押す
  2. 電卓の表示画面に「時間」という文字が出ていることを確認する(出ていなければCAやCを押してからもう一度「時間(時・分・秒)」のボタンを押す)
  3. [1][4][時間][3][6][時間][1][2][時間]と押して「14時36分12秒」を入力する
  4. [-]を押す(この計算は時間の引き算だからです)
  5. [8][時間][2][5][時間][3][6][時間]と押して「8時25分36秒」を入力する
  6. [=]と押して計算結果を表示する(6-1036と表示されます。これは6時間10分36秒を意味しています)

これが電卓の時間計算の使い方です。簿記ではほとんど使いませんが、日常生活では知っておくと便利です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました