買掛金元帳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では買掛金元帳について解説します。

買掛金元帳

企業では買掛金の総額が分かっているだけでは不十分です。総額だけでは誰にいくら支払わなければいけないのかが分かりません。仕入先別に残高を把握しておく必要があるのです。そこで、買掛金元帳を使います。

買掛金元帳の具体例

買掛金元帳のひな形は次のようになります。買掛金元帳

買掛金元帳は仕入先別に作ります

日付のところに日付を書く、買掛金が増加した場合は貸方に、減少した場合は借方に書くといった感じです。摘要については、問題文に指示があるか、なければある程度適当に勘定科目などを書いておけばいいでしょう。

借/貸のところについては、借方残高なら借、貸方残高なら貸と書きますが、買掛金が借方残高になることは通常ありえないので、貸と書くと考えて特に問題ありません。

「次月繰越は赤字で書く」というルールがありますが、実務でならともかく、簿記3級の検定では赤色鉛筆は持ち込めませんので、黒で書くことになります。また、「帳簿を締め切りなさい」という指示がある場合は次の月の前月繰越まで書きます。

このように考えていくと、覚えなければいけないことはほとんどありません。仕訳がきちんと切れて、一度ひな形に目を通しておけば十分でしょう。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“買掛金元帳” への2件のフィードバック

  1. みさき より:

    ■仕入と仕入戻しが逆?

    元帳の記入ですが、
    仕入により買掛金が増加したときは、貸方に記入し、
    仕入戻しにより買掛金を減少したときは、借方に記入するのではないでしょうか?
    逆になっているのかなと思いました。

    • dokuboki より:

      おっしゃるとおりです。借方と貸方が逆になってしまっています。

      至急修正します。ご指摘ありがとうございました。丁寧に読んでいただけて嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ