正誤表

次の【簿記革命】の記載に誤りがありました。本当に申し訳ございません。訂正してお詫び申し上げます。なお、誤りは随時修正しておりますので、正誤表に記載があってもお手元の【簿記革命】では正しい記載になっている場合もございます。

【簿記革命2級】

第152回合格目標以前

商業簿記合格テキスト

  • 38ページ17行目(誤)B社に償還請求→(正)A社に償還請求
  • 38ページ30行目(誤)B社に対する請求権を意味します→(正)A社に対する請求権を意味します
  • 184ページ8行目(誤)株式会社→(正)株主総会

工業簿記問題集

  • 134ページ最下段(誤)第1工程完成品→(正)第2工程完成品

【簿記革命1級】

第150回合格目標以前

商業簿記合格問題集

その他有価証券評価損の金額が1,200,000が正解であるところを1,050,000と誤っていたため、税効果会計における繰延税金資産と法人税等調整額も480,000が正解であるところが420,000と誤ってしまっています。

  • 573ページ解答4(誤)1,050,000→(正)1,200,000
  • 573ページ解答4(誤)420,000→(正)480,000
  • 574ページ13行目(誤)その他有価証券1,050,000→その他有価証券(正)1,200,000
  • 574ページ14行目(誤)その他有価証券評価損1,050,000→(正)その他有価証券評価損1,200,000
  • 574ページ15行目(誤)法人税等調整額420,000→(正)法人税等調整額480,000
  • 574ページ15行目(誤)繰延税金資産420,000→(正)繰延税金資産480,000

第153回合格目標以前

会計基準の変更による改正です。「税効果会計に係る会計基準」の変更により借対照表上、 繰延税金資産は「投資その他の資産」の区分に表示し、繰延税金負債は「固定負債」の区分に表示することになりました

※以前は流動項目から発生した繰延税金資産や繰延税金負債は流動項目に、固定項目から発生した繰延税金資産や繰延税金負債は固定項目に表示していました。

この改正により【簿記革命1級テキスト(商業簿記・会計学)】の「繰延税金資産と繰延税金負債の貸借対照表の表示」の論点が全て削除となります。

また、【簿記革命1級問題集(商業簿記・会計学)】の問題141の解答が「固定資産の繰延税金資産が425,000」「それ以外は全て0」となります。

ページトップへ