売上

売上とは

商品や製品を顧客に販売することで得た収益を売上と言います。この売上を発生させることを「売上を上げる」と言います。

ちなみに売上は英語で「sales」と言います。日本語でもセールは売上ですので、ある意味そのままです。

売上と売上高の違い

売上と売上高は一般的には同じ意味で使われますが、簿記では明確に区別しています。

商品や製品を顧客に販売したときに売上を認識し、値引きや返品、割戻しがあった場合は売上を取り消します。

値引きと返品の取引と仕訳(三分法)
割戻の取引と仕訳

そして、売上(総売上)から値引きや返品、割戻しを引いた売上(純売上)を損益計算書で表示するときに「売上高」を使います。

端的に言うと次のようになります。

  • 売上:企業内部で帳簿をつける時、仕訳を切る時に使う(勘定科目)
  • 売上高:企業外部に公表する時に使う(表示科目)

仕訳帳や総勘定元帳を作成するときに使う名称を勘定科目と言います。勘定科目は原則自由なので、企業が自由に決めることができます。

それに対して損益計算書貸借対照表などの財務諸表で使用する名称を表示科目と言います。外部に公表するものなので、企業のマイルールで作成すると意味が伝わらなくなってしまいます。なので表示科目はきちんとルールで定められています。

ちなみに売上高も英語で「sales」と言います。英語では売上と売上高は区別されていません。

売上高と売上原価と売上総利益の関係

売上高と売上原価と売上総利益は次の関係にあります。

売上高-売上原価=売上総利益

売上高は商品や製品を販売したときに得た収益です。売上原価はその売上高を得るために直接的にかかった費用です(商品であれば仕入にかかった金額、製品であれば作るのにかかった金額です)。

そして、その売上高から売上原価を引くことで、ざっくりとした利益である売上総利益を計算します。

売上高と売上収益の違い

売上収益という言葉に明確な定義はありません。なので売上高と売上収益にも明確な違いはありません。一般的には製品や商品を販売した場合には売上高を、サービスを提供したり手数料を受け取ったりした場合は売上収益を使う傾向があります

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

コメント

タイトルとURLをコピーしました