費用別計算における予定価格等の適用【原価計算基準】

スポンサーリンク
費用別計算における予定価格等の適用について知りたい人
費用別計算における予定価格等の適用について知りたい人

原価計算基準の第二章に「費用別計算における予定価格等の適用」っていう項があるんだけど、難しく書かれていて意味がよく分からないよ。費用別計算における予定価格等の適用について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

費用別計算における予定価格等の適用

費目別計算において一定期間における原価要素の発生を測定するに当たり、予定価格等を適用する場合には、これをその適用される期間における実際価格にできる限り近似させ、価格差異をなるべく僅少にするように定める。

口語訳
費目別計算において、一定期間の原価要素の発生を測定するときに予定価格などを適用する場合、予定価格などは実際価格にできるだけ近づけ、価格差異などをできるだけ少なくするように予定価格を決定する。

解説
予定価格を設定するときは、実際価格にできるだけ近づけて、差異ができるだけ少なくなるように設定するということです。

これで原価計算基準の第二章の十四である「費用別計算における予定価格等の適用」は全て終了です。原文は非常に読みづらいのでできるだけ分かりやすく解説(口語訳)しました。

このような形で意味を理解しながら原文を何度も読み込むことで、徐々に原価計算基準を自分のものにしていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました